FC2ブログ
カープ一筋45年の独り言
カープファンというよりもカープが生活の一部になっています。
アツがいるという安心感
今日の床田は抜群でしたね。
特にストレートを中心とした攻めの投球が圧巻でした。
そしてそれを引き出したのが、床田とともに復帰してきた會澤のリードです。
やはり要に會澤がいると違います。
坂倉にしても、石原にしても、足がある打者を出した時はバタバタ感が否めませんが會澤は違います。
初回いきなり近本を出しても、隙を与えることなく三者連続三振というこの上ない内容で切り抜けます。
その後もランナーを出しながらも、一切慌てることなく床田を引っ張り続けました。
會澤の復帰によって、投手陣は落ち着きを取り戻すことだと思います。
坂倉も一塁を守りながら會澤の所作をじかに学ぶことができるでしょう。
打線も見事な先制攻撃でした。
相手のミスからチャンスを作ると、誠也、坂倉の連続ホームラン!
負け続けてきた天敵秋山の出鼻を砕くと、二番手及川から坂倉がダメ押しタイムリー。
効果的な攻撃と好継投で阪神打線を完封し、ついにスイープです!
対阪神の対戦成績も五分に戻しました。
問題はこれからです。
折角の四連勝をどこまで伸ばすことができるか?
床田が復帰してもあと一人先発が必要です。
祐太なのか昴也なのか・・・
来週のローテーションが楽しみですね。
逃げる試合は苦しく長い
3回を終わって5対1で勝っていました。
そしてそこからゲームセットまでが、本当に苦しく長い道のりでした。
先発の祐輔は4回を投げ切れず、その後を継いだリリーフ陣も、それぞれが失点しながら、何とかリードを保って栗林にバトンを繋ぐことができました。
あの林のホームランがなければ、もしかしたらひっくり返されていたかもしれません。
そんな中で、塹江が少しずつ良くなってきていますね。
祐輔がランナーを残して降りた後、阪神打線に追加点を許さなかったのは、その後の展開を見ても大きかったです。
コルニエルの出来がよろしくないので、そろそろ終盤に戻したほうがいいのではないでしょうか。
打線は7点取ったのだからまだいいとして、祐輔は本当に心配です。
この数年、プロ野球は劇的に変化しました。
祐輔の様な変化球投手でも、ある程度の球速が必要になってきているのです。
今更祐輔が150キロ投げられるわけでもないのですから、もう一つ自分の投球を見つめなおしてほしいと思います。
具体的に言えば、遅い球を多投するためにも制球力を磨く、とか、より緩急を使っていく以外に生きる道はないと思います。
さて、日曜日はあの秋山が相手です。
明日こそは何とか攻略して、久しぶりの床田に勝ちをつけてほしいと思います。
頑張れ、カープナイン!
「僕が投げるときは勝つ」
今日のヒーローインタビューで大瀬良が言ったこの言葉は、前半戦を故障と不調で苦しんだ男の矜持であり決意でした。
今日の大瀬良は、前回、前々回に比べると良くはありませんでした。
しかし6回を2失点。ロハスの一発とエラーによる失点、それだけでした。
ランナーを出しながらも粘りの投球で最少失点に抑え、味方の反撃を待ちました。
特に4番の大山と5番の佐藤をしっかり抑えたことが結果に繋がったと思います。
そして打線。
前回書いたように、今日の西を打ってこそ誠也の復活が本物かどうかわかるわけですが、その期待に十分応えてくれました。
1打席目の3塁ライナーも含め、今日の誠也は二塁打2本2打点と結果を残しました。
間違いなく復活しました。
好調の坂倉も含め、打線はしっかり固まると思います。
コルニエルが試合を面白くしてしまいましたが、最後は栗林が締めての連勝となりました。
良い試合が続いているだけに、明日の試合は重要です。
明日の先発は久しぶりの祐輔です。
打線の爆発的援護で、祐輔に今季初勝利をプレゼントしてほしいと思います。
頑張れ、カープナイン!
鈴木誠也という男
今年の、というより首位打者を取った後の誠也は、タイミングの取り方に苦労し続け、その不調を結局今シーズンまで持ち込んでしまいました。
色々試しながら結果に繋がらない苛立ちを、いつも見せていました。
それが一つのきっかけで打開されそうな気配です。
菅野との対決。
今年は菅野と対決する際、常にホームランを打っています。
巨人とのエースとの対決が、誠也の集中力をより高めているのでしょうか。
そして昨日もそうでした。
この一つのきっかけが誠也を変えるかもしれません。
今日の西との対決でそれがわかることでしょう。
今夜の試合が非常に楽しみですね。
大逆転!
今日の試合は、野球というスポーツの怖さ、そして面白さを示すような典型的な試合でした。
5回までカープ打線は、ヤクルト先発の田口に2安打に抑え込まれていました。
球数がわずかに49球という、まさに手も足も出ない状況でした。
それが、わずか一球の投げ間違いで試合は大きく動いていきました。
6回先頭の菊池はあっという間に追い込まれ、3球目はボールになる誘い球のはずでした。
ところがその甘く入ったスライダーを菊池がレフトスタンドに叩き込むと状況は一変しました。
解説の黒田氏も言っていましたが、ボールで良いはずの球がなぜか甘く入ってしまい、それをホームランされるというのは結構引きずるというのです。
田口にとって不運だったのは、次打者中村奨成の一打がまるでセーフティバントのように三塁線に転がり、アウトを取れなかったことです。ここで一つアウトを取れたら一息つくとともに、切り替えもできたかもしれません。
落ち着く間もなく、野間にも連打されて大ピンチとなりました。
ここで田口にさらなる不運が襲います。
打ち取ったはずの長野の打球をショートの本山が暴投。少なくとも一つアウトになっているはずが、1点入ってなお1、3塁の大ピンチが残りました。
そして間髪入れず、小園がセンター前タイムリー。
田口はここで交代となりました。
その後誠也がタイムリー、松山が犠牲フライで、あっという間の5得点。
圧倒的に田口有利だった試合は、気が付けばカープがリードする展開になりました。
その後のカープ投手陣も踏ん張りました。
特に8回は、今日2本塁打の村上にはバードをぶつけ、その後を森浦という継投で3者三振。
九回は栗林が締めました。
田口の突然の乱調とヤクルトの守備の乱れに乗じたとはいえ、これだけ見事な逆転劇は本当に久しぶりですね。
この勢いを明日にもつなげてほしいと思います。
頑張れ、カープナイン!
copyright © 2021 カープ一筋45年の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.