FC2ブログ
カープ一筋45年の独り言
カープファンというよりもカープが生活の一部になっています。
中継ぎ再編
今日付けで河内が抹消されました。
恐らく梅津が登録されるようですが、これからの戦いに向けての中継ぎの再編が行われそうですね。
先日帰ってきたサファテも今日の二軍戦に登板。
1回1安打無失点とまずまず。球威もあったとのこと。
こちらはもうしばらく調整させて、来週からの登場になりそうです。
個人的には河内にもう少しチャンスを与えてほしかったですが、やはり球威がもう少しでしたし、もう一度下で鍛えてきて欲しいと思います。
梅津の昇格は順当です。
横山と梅津は結果を残していましたからね。
でも、これは良いパターンかもしれません。
昨年までの中心選手ではない選手で開幕し、中盤になって結局経験を積んだ選手が出てくる…野手と同じです。
恐らく横山や永川の出番もあるはずです。
問題は5番目の先発投手。
昨日の好投から篠田が一番手、福井が二番手でしょう。
これから6連戦もありますし、昨年バリントンとまえけんをフル回転させた結果、秋口に失速した例もありますから、まずは6人揃えて戦っていくことが肝要ではないかと思います。
明日はまえけん。
相手は「暴れ馬」中田です。
何度も何度も書きますが、1に先取点、2に追加点、3にダメ押し点です!繋ぐ打線に期待してますよ!
頑張れ、カープナイン!

スポンサーサイト



コメント
コメント
中継ぎ再編
監督が野手陣について「準レギュラー」と評したそうですが、
投手陣にもようやく「準レギュラー」クラスの人材が、
頭数を増やしてきたと感じます。
移籍当初の岸本、昨年までの中田、今井などは、
このレベルにも達していませんでしたよね。
主力級となると、今村など一人二人しか挙がりませんが、
その下のクラスが増えたことで、一昨年のような
大崩壊に繋がる危険性は、ほぼゼロと考えてよいでしょう。
かつての主力達がこうして下で調整している間も、
それなりに戦線を維持できた、層の厚み。
今後横山や梅津らが戦線参加する間にも、
別の準主力級が下でちゃんと調整して、
夏場の戦線を短期ながらも支えてくれることでしょう。
この二年で、リリーフ陣も大きく進歩した。
なんとか「層の厚み」と言えるものがついてきた、
ということだと考えます。
1970/01/01 (木) 09:00:00 | URL | OOH00003239 #79D/WHSg[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 カープ一筋45年の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.