FC2ブログ
カープ一筋45年の独り言
カープファンというよりもカープが生活の一部になっています。
外国人選手の明暗
今日も負けてしまいました。
この時期は勝負にこだわらないとはいえ、「勝ち癖」を付ける必要があるわがチームにとってはちょっと残念な結果です。
特に心配なのはバリントン。
先発でバリバリ投げてくれなければならないわけですが、制球が甘く3失点。まだ二月とはいえ少々不安な内容です。
ジオはこんなもんでしょう。
昨年も気温の上昇とともに調子を上げて行きましたから、エンジン全開はまだまだ先ですね。四球からの失点でしたが、もともとコントロールというよりは球のキレ、そして「気合い」で抑えるタイプです。心配ご無用でしょう。
シュルツは、まだ全力という感じではないようですが、とにもかくにも無失点は貫録の内容です。
そして今日の収穫は…
まずはサファテ。
常時150キロ以上のストレートと低めにコントロールされる変化球は「本物」感が十分です。
150キロ以上の速球は、ルーキーの柳田にヒットされることからもわかる通り、それだけでは通用しないのがこの世界です。サファテの武器はむしろスライダーでしょう。これがアウトローに決まれば層は打たれないと思います。永川、シュルツ次第ですが、最後を任せる可能性もありますね。
ちなみにボークは毎年の年中行事。ルイスも最初はやってましたから、修正は難しくないでしょう。
そして「待ってました」トレーシーが待望の一発。
しかも大苦手の左投手、それもあの杉内からの一発ですからね。凄くホッとしました。
紅白戦からオープン戦にかけて、ヒットといってもポテンヒットばかりで心配してましたが、これで波に乗って開幕まで驀進してほしいです。
外国人ではありませんが、今日の今井は素晴らしい出来だったようですね。今村の台頭でお尻に火がついたかな。
先発も大竹が復活すれば(マウンドに立って打者相手に投げたそうです!)狭き枠になってきますからね。
(三番栗原については別の機会に論じます)

あんまり嬉しくない情報
昨年の同時期、同じヤフードームで、やはり新外国人のヒューバーが初アーチ…この時期ここで打つと活躍しない、というジンクスだけはやめてほしいです。

スポンサーサイト



コメント
コメント
外国人選手の明暗
ジンクスは気にするからいけないんですよ。気にしなければ「苦手なはずの左、しかも球界を代表する投手から広いヤフードームで本塁打」…素晴らしいじゃないですか。
ポテンヒットばかりというのもむしろ「崩されても外野へ運べる」を考えれば上等です。ヒューバーは崩されたらバットに当たりませんでしたから…。
まあ、良いにしろ悪いにしろまだ1ヶ月あります。開幕にはしっかりと仕上げてほしいですね。
1970/01/01 (木) 09:00:00 | URL | 頭文字KY #79D/WHSg[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 カープ一筋45年の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.