fc2ブログ
カープ一筋45年の独り言
カープファンというよりもカープが生活の一部になっています。
伝わる必死さ
コロナ禍で主力選手がいなくなったとき、チームを支えた若手選手が、生き残りをかけて必死に戦っています。
今日結果を出したのは羽月でした。
7回
會澤のタイムリーで追いつくと、菊池がバントでランナーを三塁に送ったものの、野間は内野ゴロ。
二死三塁で打席は羽月に回ってきました。
コロナ禍後、堅実な守備としぶとい打撃で生き残ってきた羽月は、ここでも三遊間にしっかり転がし、勝ち越しタイムリー。
逆転しても再逆転されるシーソーゲームは、その後復調したマクブルームがタイムリーを放ち決着をつけました。
ヒーローインタビューでも、その必死さが伝わってきた羽月。
若手の頑張りが、実はクライマックスシリーズに繋がっていくのかもしれませんね。
明日は玉村です。
打線は好調ですので、早め多めの援護をお願いします!
頑張れ、カープナイン!
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2022 カープ一筋45年の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.