FC2ブログ
カープ一筋45年の独り言
カープファンというよりもカープが生活の一部になっています。
會澤翼~日本一への道
誠也がプレミア12でMVPになりました。
全試合でヒットを放ち、大会三冠王ですから当然の受賞です。しかも史上最年少の受賞でした。
誠也の貢献度は誰が見ても明らかなので、今更ここでは来ません。
今回参加した3人の赤ヘル戦士の中で、恐らく一番大きな成果をもたらしたのは、むしろ會澤かもしれません。
予選リーグでは、稲葉監督は三人の捕手を使い分けていましたが、大会が進むにつれて會澤の出番が増え、決勝に至っては、先発が山口であるにもかかわらず先発出場しました。
それは稲葉監督の會澤への信頼度が増していった証拠であり、実際にそれに會澤も応えたと言っても良いでしょう。
様々なタイプの投手がいる中で、會澤のリードは相手を見るのではなく、その投手の良さをいかに引き出そうというものでした。
その結果、今日の継投も見事な無失点投球でした。(山口は制球が定まらず、リードしようがなかったが)
今年の會澤は、どちらかといえば型にはまったリードをすることが多く、若いカープ投手陣は會澤のリードに応えられずに痛打される場面も多々ありました。
しかし、こうした国際大会を通じ、多くの様々な投手と組むことによって、會澤のリードは飛躍的に向上する可能性があります。
その成長は、カープにとっては大きな補強にも等しいと思います。
来年、東京オリンピックで金メダルを取り、チームを優勝に導き、さらには目標である日本一を目指すために、會澤のさらなる飛躍は不可欠ですから。
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2019 カープ一筋45年の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.