FC2ブログ
カープ一筋45年の独り言
カープファンというよりもカープが生活の一部になっています。
世界一
山崎康晃のツーシームに韓国打者のバットが空を切り、ついに侍ジャパンは頂点に立ちました。
苦しい戦いが続きました。
しかし、その中で選手たちは、試合を積み重ねる毎に成長し、逞しさを増していったように思います。
今日も3点を先取される苦しい戦いでしたが、まずは四番の打撃で1点を返し、2死からの四球からチャンスを膨らませて山田の一打につなげました。
リリーフした投手陣も、高橋も田口も中川も厳しい中盤を支え、甲斐野、山本、山崎の方程式に繋げました。
選手の頑張りもそうですが、稲葉監督の采配も見事でした。
大会中不振にあえいでいた坂本に代打を送ったりもしながら、スタメンを外すことなく、最後は復調させましたし、周東、源田、外崎らの使い方も見事だったと思います。
とにかくこの勝利は大きいですね。
来年は東京オリンピック
再来年はWBC
大きな大会が続きますが、今の侍ジャパンが根幹となり、すべてで頂点を極めることができるよう、心から願っています。
本当におめでとうございます。
そして、本当にありがとう、そして本当にお疲れさまでした。
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2019 カープ一筋45年の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.