FC2ブログ
カープ一筋45年の独り言
カープファンというよりもカープが生活の一部になっています。
勝つには勝ったけど
大事な初戦は、とりあえず何とか勝つことができました。
といっても懸念材料がたくさん出てきました。
まずは坂本。
日本シリーズ以来の不調から脱しきれていないのは、やはりシーズンの疲労を持ちこしているからでしょうか?
打撃に粘りがなく、タイミングも取れていない。
今日の一番起用は、恐らく坂本に刺激を与えてきっかけを掴んでほしいという稲葉監督の「願望」だったと思いますが、一試合の重みが全然違う国際大会で、こういう博打は打ってはならないと思います。
ただ、一番を打つ選手が他にいないことも確かで、明日の坂本の起用がどうなるか、注目です。
次に山口です。
結局、カナダ戦の時の乱調から完全に立ち直っていたとは言えません。
フォークが引っかかり、苦し紛れのストレートを痛打される状況では、今後の強豪国との対戦ではかなり心配です。
山岡も、不運な当たりもありましたが3失点。致命傷になってもおかしくありませんでした。
その点で、大竹、中川、甲斐野、山崎と、リリーフ陣は持ち味をしっかり出して良い投球を見せてくれました。
打線では、我らがカープ勢が存在感を見せました。
特に菊地は2本のタイムリーを含む3安打。絶好調ですね。
誠也にも一本出たし、頼もしい限りです。
近藤は優れた選球眼で4四球。吉田も感じは悪くなかったので、主軸は大丈夫でしょう。
明日はプエルトリコですか。
高橋礼の頑張りに期待しましょう。
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2019 カープ一筋45年の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.