FC2ブログ
カープ一筋45年の独り言
カープファンというよりもカープが生活の一部になっています。
四連覇に向けての課題
長野の株がうなぎ上りに上昇していますね。
背番号を決めるにあたって
「緒方監督はその番号(9)を、野間君が入団した際に将来背負ってほしいと思ったはずで、自分が背負うべきじゃない」
これは確実にカープファンの心の琴線に触れる言葉ですよ。
大したものですね。
さて、打線についてはさほど心配していないと書きましたが、やはり野球の勝敗は投手力で決まります。
昨年は猛暑のせいもあって、多くの投手が軒並み成績を落としました。
オープン球場であり、かつ移動ゲームを強いられる運命にあるカープにとって、投手陣は質量ともに重要です。
ここのところ「即戦力」投手を指名していなかったカープですが、さすがに昨年のドラフトでは大瀬良の後輩である島内颯太郎投手を指名しました。
ただ、カープの投手陣も「弱い弱い」と言われながら三連覇したわけですから、決してチャンスが大きいわけではありません。
先発投手は6人とすると、大瀬良、ジョンソン、九里、祐輔の四人は、順調であれば決まりでしょう。
ジョンソンは契約最終年なのでかなり期待できますし、九里は昨年大きく成長しました。
大瀬良がシーズン最初からローテーションの頭になって勝ち星が伸び悩んだとしても、この二人で十分カバーできるでしょう。
問題は祐輔ですね。
最多勝獲った後の伸び悩みは顕著です。
昨年はポカも結構ありました。
ストレートの速さを求めすぎている感がありますが、むしろ回転等の質や請求をもっともっと磨いてほしいところです。
30歳に差し掛かり、投手としてはここが正念場ですから、もうひと頑張りしてほしいと思います。
5人目と6人目ですが、通常であれば岡田の名前が真っ先に上がるわけですが、昨年終盤からポストシーズンにかけてリリーフ起用がありましたので何とも言えません。私は先発で行ってほしいと思います。
あともう一つの流動的な部分は新外国人投手の起用法です。
レグナルトとローレンスの二人ですが、ヘルウェグ次第というのもありますが、二人とも先発経験が豊富なようですし、ヘルウェグが不調になった場合、ローテーションで回れるとは思います。
(外国人枠は投手3打者1でしょう)
しかし保険的な意味合いが強いでしょうね。
そうするとあと一つの枠を若手で競争することになります。
私の一押しは床田ですが、左であれば高橋昴もいますし高橋樹もいます。右だと中村祐、加藤じゃなかった矢崎もフェニックスではよく投げています。薮田もいますし、島内君もなかなか入り込めそうにはありませんよ。
救援投手にはさらに熾烈な競争が待っています。
後ろの中崎、一岡、フランスワは動かせないとするとあと四人ということになります。
ヘルウェグ、アドゥワ、今村、中田、菊池保、藤井皓、長井、永川、左は戸田、中村恭といます。
さらに言えば岡田が後ろに回ってくるかもしれません。
この中で期待したのはトレードでやってきた菊池保と長井ですね。
菊地は、ちょうど交換トレードされた福井同様メンタル面の課題が指摘されていますが、環境を変えることで覚醒するかもしれません。球の力は強いので、はまれば大化けするかもしれません。
長井の魅力はとにかくストレート。
常に150キロを超えてくるストレートは魅力十分です。あとは制球力です。伸びしろがまだまだある20歳だけに期待大です。
いろいろつらつら書きましたが、現時点では下記の布陣になりそうな気がします。
先発・・・大瀬良、ジョンソン、九里、野村、岡田、床田(高橋昴)
救援・・・中崎、フランスワ、一岡、今村、ヘルウェグ、アドゥワ(長井)、中田(戸田)
この中でキーマンを上げるとすると、やはり岡田ですね。
岡田が先発で覚醒するか、救援で輝くか、起用法次第で大きく変わる気がします。
ちなみに160キロ投げるそうなので、楽しみですね。

スポンサーサイト



コメント
コメント
いつも楽しく読んでます。そろそろ更新お願いします!!
2019/02/05 (火) 07:24:09 | URL | はじめまして #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2019 カープ一筋45年の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.