FC2ブログ
カープ一筋45年の独り言
カープファンというよりもカープが生活の一部になっています。
今季の展望
今年のセリーグは大混戦になると思います。
各チームとも決め手がない、というのが理由です。
まず巨人ですが、巨大補強が機能していないのが現状です。
一番痛いのは、先発ローテーション投手として期待した山口とクローザー澤村の故障ですね。
ただ、投手の頭数はいるので大きく崩れることはないと思います。
特に吉川は使えそうですし、マイコラスが最初からいるのも大きいです。
打線に関しては、少なくとも昨年よりは良くなると思います。
高齢化が懸念材料ですが、阿部や村田が額面通りの働きをすれば打線は機能すると思います。
横浜は山口の移籍が痛いです。
先発の頭数が絶対的に少ないので、若い投手をどんどん起用しなければなりません。
ただ打線は筒香を中心にかなり強力ですので、打線が投手を育てていくことになるかもしれません。
ポイントは筒香の前後を打つ打者ということになるでしょう。梶谷次第でしょうか。
投手陣については新外国人の働き次第ですね。
阪神はやはり若手投手の台頭がないことが懸念材料です。
メッセンジャー、能見、岩貞、藤浪までは名前が上がりますが、その次が出てこない。投手陣の補強がなされなかったのが大きいです。
打線は昨年よりは良くなっています。原口の一塁起用を早々に打ち出したのもよかったと思います。
高山、北條に続いて、もう一人二人若手野手がモノになると、侮れない打線ができることになるでしょう。
その点で注目は中谷ですね。
糸井の働き次第ではありますが、打線の固定化が急務でしょう。
ヤクルトは投手陣に問題があり、打線でカバーできるかどうかになってきます。
その点では川端の故障は痛すぎます。
バレンティン、山田を中心にした打線は驚異ではありますが、坂口が昨年並みに活躍できるのか、一、二番の固定が必要でしょう。
投手陣は新外国人次第です。その点では横浜と同じかもしれません。
注目選手は廣岡です。大物感が漂っています。
中日は厳しいですね。
伸び悩む若手投手陣。若手野手がそもそも少なく打線はビシエドとゲレーロ次第で、ポスト谷繁も解決していない。
森監督は何年かかけて立て直していくのではないでしょうか。
ということで、カープを除いた順位は…
GBSTDの順番ではないでしょうか。
パリーグはソフトバンクだと思います。
さあ、明日開幕です!
今年も盛り上がるシーズンにしてほしいですね!

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 カープ一筋45年の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.