FC2ブログ
カープ一筋45年の独り言
カープファンというよりもカープが生活の一部になっています。
打線
いよいよ金曜日から長くて短いペナントレースが始まります。
昨年は日本シリーズまで進んだ上、今年はWBCがあったことで、オフシーズンは非常に短く感じました。
そんな中、今年のカープはどのようにシーズンに臨んでいくのでしょうか?
緒方監督の目論見としては、大きな補強はしない代わりに、WBCで広輔、菊池、誠也はいない間に若手野手陣の台頭を期待していたのだと思いますが、残念ながら目立った若手選手は出てきませんでした。
何より、一番期待された西川龍馬が負傷したのが大きかったと思います。
また安部も堂林も大きな成長を見せることがありませんでした。
ということで、打線は結局昨年同様になることが見えてきました。
誠也次第ではありますが、タナキクマルの後の四番は新井ということになるでしょう。
打線の問題点はペーニャをどうするかだけですね。
恐らく外国人枠は投手3、野手1になることでしょう。
オープン戦終盤にエルドレッドが復調気味になっていることで、ペーニャはスペアとして二軍スタートになるのではないでしょうか。
そうすると7番サードは安部と小窪の併用というのが現実的ですね。
打線の底上げはできませんでしたが、昨年できていた「目の前の1点をしっかり取る」野球を完遂できれば、大きく順位を下げることはないでしょう。
野手陣の中で唯一いいものを見せてくれたのは船越ですね。
得意の打撃で第三捕手の座を当確としています。
このまま船越がいいものを出し続けていけば、會澤もうかうかできないでしょう。
こういう存在があと一人二人出てきてくれたら、真の意味でのチーム力アップに繋がっていくのですが・・・
上本や庄司も頑張っていますが、レギュラーを脅かすというよりは「控え」としての存在です。
若手野手にはもっともっと奮起してほしいものですね。
最後に菊池のことです。
アメリカ戦の敗戦の責任を一身に背負ったかのようなコメントをしていてかなり心配です。
あの経験は貴重であり、菊池にとっては大きな財産になったと思いますが、それを引きずったままペナントレースへ入っていくことに大きな危惧を憶えます。
菊池のメンタルケアこそが、実はカープにとって喫緊の課題なのかもしれません。

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 カープ一筋45年の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.