FC2ブログ
カープ一筋45年の独り言
カープファンというよりもカープが生活の一部になっています。
カープファンから見た今年のセ・リーグ他球団
まずは2位巨人。
相変わらずそつがないチームですね。それほど打線が強力でなくとも、安定した投手陣を背景にしっかり勝ってくる印象がありました。
特に阿部が四番に座るとかなりの驚異になってきました。
打線が機能すると、投手陣とくにリリーフ、極論すればマシソンの存在が大きかったように思います。
先発陣の補強ができれば来季も強力なライバルになることは間違いありません。
そういう意味で、今日発表されたトレードは示唆的です。
吉川の加入は大きいですし、FAでさらに投手を獲ればかなり強力な先発投手陣をそろえることができますからね。
続いて横浜。
やはりここは打線が強力で、なおかつ若手の先発左腕の充実は凄かったです。
特に石田、今永の二人の存在は大きかったです。
打線では筒香の覚醒によって、ロペス、梶谷が機能し、桑原、宮崎も成長し、倉本、戸柱に至るまで息の抜けない打線になりました。
来年は本当に厳しい戦いになりそうですが、もし山口がFAで移籍となるとどうなるでしょうか。
阪神ですが、開幕前の予想では高い評価をしていたのですが・・・
確かに開幕直後は互角の戦いをしていました。しかし・・
今年カープが阪神に対して圧倒できたのは、メッセンジャー、能見、藤浪といった投手陣をしっかり打ったからです。
打力にも迫力を感じられず、走ってくるという怖さもありませんでした。
ヤクルトは故障者の続出が全てですね。
一時は山田までいなくなる事態でしたから、戦いようがなかったと思います。
逆に言えば、故障者が全て帰ってくる来年はかなりの強力打線が復活します。
若手投手が何人か出てくると厳しい戦いになるような気がします。
中日は、監督が途中で代わる状況でしたからコメントしようもありません。
打線もビシエドが調子を落としてからは迫力に欠けました。
こうして見ていきますと、キャッチャーをある程度固定していたチームが上位に来ていることがわかります。
ヤクルトは、正捕手の中村が調子を落としたのも影響しているような気がします。
これからのFAや新外国人の動向によって陣容は大きく変わります。
ストーブリーグの動きに注目ですね。

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 カープ一筋45年の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.