FC2ブログ
カープ一筋45年の独り言
カープファンというよりもカープが生活の一部になっています。
三塁戦争
マツダスタジアムの年間指定席が、席数を増やしたにもかかわらず完売!
今年のカープに対する期待は嫌が応にも高まっていますね。
そんな中、日南キャンプの一軍メンバーが発表されました。
「ゆっくるでいい」と緒方監督に言われていた新井もメンバーに加わりましたが、注目は昨年後半に覚醒し始めた美間の抜擢です。
本人も言っていましたが、足も守備もたいしたことないわけですが、長打力を含む打力は魅力です。
新井と美間という新旧二人が加わることで、三塁の定位置争いはさらに激化しています。
梵が本命なんでしょうが、誠也も含めるとすると、小窪に堂林、新井、美間、昇吾…
まさに三塁戦争です。
小窪、昇吾、梵の三人についてはショートも絡んでますが、堂林、新井、美間の三人は三塁一本での勝負です。
その決め手は打力です。
三人に共通する長打力だけではなく、勝負強さと確率(出塁率)をどう見ていくかですね。
競争が激化するライトとともに、その戦いは必見です。
ちなみに、強くなるチームには必ず一つか二つレギュラー未定のポジションがあるとのこと。
そこをめぐる競争が、結果としてチーム力の向上につながります。
最終的に開幕戦の初回の守備に誰がついているのでしょうか?
ワクワクしますね。

スポンサーサイト



コメント
コメント
「三塁戦争」へのコメント
開幕を迎えた時に誰がポジションを掴んでいるのか、非常に楽しみですね。
特に遊撃手も含めた三塁手の争奪戦は、激しいものになっています。右翼手も激しいですね。
三塁手候補はベテランから若手までたくさんいますが、個人的には堂林に期待しています。
その理由としては、遊撃手は梵か田中がメインだろうと仮定した時に、堂林が三塁手にいる組み合わせが、最もチームの守備力が高くなると感じたからですね。
昨年、梵・田中・小窪辺りで三遊間が組まれていると、守備面が非常に弱くなる、特に横の動きには目も当てられなかったです。
新井が三塁手の場合も同じでしょう。
やはり、守備力というのは、エラーの数を気にするよりも、まずは打球に追いつける守備範囲の広さが大切だということですね。
(一軍レベルで最低限には守れる必要はありますが)
そこで、昨年骨折で離脱する前には守備の上達を見せてくれていた堂林に、三塁手のポジションをがっちり掴んでもらいたいと期待しています。
そのためにも、課題は右投手に対する打撃(打率)ですね。
長打は右からの方が多いのですが、二割程度では厳し過ぎます。
昨年は、左投手に対する打撃に進化が見られましたから、今年は苦手の右投手にも強くなってほしいですね。
もともと走力もあり、走塁のセンスも高い選手なので、打撃面でもう一皮むければレギュラーに近づけることが出来るのではないかと思います。
2015/01/24 (土) 10:51:10 | URL | SOUL RED #79D/WHSg[ 編集 ]
「三塁戦争」へのコメント
コメント失礼します。個人的には、外野手で使って欲しい選手(誠也、松山、野間)がいるので、グスマンです。グスマンはLFで使うより安心して見れる気が。これもブラッドしだいですけど。妄想でした♪
2015/01/24 (土) 11:17:09 | URL | htcy #79D/WHSg[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 カープ一筋45年の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.