FC2ブログ
カープ一筋45年の独り言
カープファンというよりもカープが生活の一部になっています。
スラッガーについて
堂林に関して書いていたら、歴代のスラッガーについて語りたくなってしまいました。
ホームランバッターとして名前が上がる中で、最近ではバレンティンやエルドレッドの打球には驚かされますが、過去のカープ選手ではどうだったでしょうか?
外国人選手ではやはりギャレットに始まり、ランス、アレンといったところでしょうか。
特に生で見たアレンの打球(3打席連続弾)は凄まじかったですね。
怪我が多くて通年活躍したことはありませんでしたが、その打球の鋭さは群を抜いていました。
打率最下位でホームラン王になったランスの打球も凄かった。全打席ホームランを狙ってたと思います。
ホームランの打ちそこないがヒットになる打者でした。
日本人選手ではどうでしょうか?
私が自ら見た中で、天性のホームランバッターといえるのは鉄人衣笠と江藤ですね。
二人の放つ打球は美しかったですよ。
キヌさんの打球は鋭く空気を切り裂き。江藤の打球はぱっと舞い上がって落ちてはこなかった…
確かに浩二さんは何度もホームラン王になりました。
でも、キヌさんも言ってましたが、浩二さんはもともと中距離ヒッターで、その努力の過程で「ホームランの打ち方」を会得したのだと思います。
だから「コージは僕よりホームランを打つのが上手い」と言っていたわけです。
では新井はどうでしょうか?
金本と新井は、血のにじむような努力で鍛え上げられた「パワー」をうまく生かした打撃です。
どちらかといえば外国人選手と同じホームラン、とは例えがいけませんかね。
でも、二人とも信じられない飛距離を誇ってました。
栗原は…中間でしょうか。
類まれなパワーを持ちながら、バッティングが器用なために3割を打ちつつホームランも打てる打者であると思います。
ただ、進化を完全に発揮する前に故障したのは惜しまれます。
そして堂林。
遠くへ飛ばす天性の才能を、今年華開かせてほしいと思います。

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 カープ一筋45年の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.