FC2ブログ
カープ一筋45年の独り言
カープファンというよりもカープが生活の一部になっています。
堂林翔太覚醒へ
今年のカギを握る選手を続けて書いているのですが、堂林がそれに当てはまるかというと微妙なところです。
三塁には梵、小窪といて、さらには新井も帰ってきました。
当然ショートとの兼ね合いもありますが木村もいますし、新進気鋭の誠也もいます。
はっきり言って優先起用されていた昨年までとは全く違う世界が、堂林の前には展開しているわけです。
そして現状でのレギュラー獲得は非常に厳しいと言わざるを得ません。
それなのに何故堂林なのでしょうか?
人気があるからではありません。
堂林が、ほんの時折見せてきた輝きが、本当に素晴らしいものだからです。
プロ入り初ホームランは甲子園でした。
バックスクリーン横に飛び込んだ打球は美しいものでした。
それは「スラッガー」と言われる選手独特の美しい弾道でした。
その後も、右方向への美しい打球を何度も見ました。
過去、これに匹敵する打球を放てた右打者は阪神時代の田淵幸一だけだと思います。(左では王さん、松井といますが)
しかし、堂林の打撃は進歩したと言えないのが現状です。
私は過去何度も堂林について書いてきました。
遠くに飛ばす才能はあるのだから、それを伸ばしていけと。
小さくまとまらず、三振を恐れず、ホームランバッターを目指せと。
しかし、外角のボールになる変化球の対処に苦しむうちに、堂林の打撃が迷宮に迷い込んでいるようでした。
野村前監督とのマンツーマン特打は、結局結果には結びつきませんでした。
そして今年。
堂林は結婚し、決意を込めて「内川打法」に挑戦すると宣言しました。
現在のNPBにおいて最高の右打者を手本にする。
それをどれだけ自分のものにできるか…それが今年の堂林の運命を分けることでしょう。
私はカープの主軸打者、特に右の大砲だった選手が、どれだけ努力を重ねてきたかを見続けてきました。
江藤も、新井も、栗原も
時には首脳陣に罵倒されながらも、バットを振り続けて一流選手になっていったのです。
私は黒田の復帰が投手陣に大きな影響を与えると思っていますが、実は新井の復帰も野手陣に大きな影響を与えるのではないと思っています。
入団したばかりの新井を知る私にとって、カープの四番になりホームラン王に輝くまでに、どれだけの努力を重ねてきたか。
その新井が裸一貫戻ってきます。
そして、新人同様血のにじむような努力でレギュラーを目指していくことでしょう。
その姿を見て、堂林はどう感じるか?
その新井を乗り越えていくことこそが、堂林が覚醒するための道だと信じます。

スポンサーサイト



コメント
コメント
堂林翔太覚醒へ
堂林は強靭なリストによる押し込みで、広角に飛距離を伸ばせる才能を持ってますよね。あと良い時は脱力と腰の回転からきれいなスイングで力感なく打球を飛ばしてくれます。自分も天性のスラッガーだと思います。
今季はフォーム改造に加えて、スイングをレベルに変えてミートポイントを増やすことと、ポイントを後ろにしてボールの見極めをつける取り組みをしているようですね。
逆方向に押し込めるのでポイントを後ろにしても打球を飛ばせそうではありますが、問題はレベルスイングにした際に角度のある打球をどれくらい打てるのか…。個人的にオープン戦で注目したいのはここですね。
確実性を求めるのも大事ですが、角度のつかないライナーでは飛距離も伸びにくいですしね。本人は「飛ばそうとしなくても飛ぶ打ち方になる」とのことでしたので、手応えがあるのかも。
自分も三振しても.300打たなくても良いので、まずは.270、20本塁打、OPS.800以上を目指してほしいですね。彼のようなタイプには厳しい環境ですが、頑張ってモノにしてほしいところ。
1970/01/01 (木) 09:00:00 | URL | tsuu #79D/WHSg[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 カープ一筋45年の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.