FC2ブログ
カープ一筋45年の独り言
カープファンというよりもカープが生活の一部になっています。
キャプテンマークの誇り
最後は通算セーブ球団新記録の永川が締めて、ようやく連敗から脱出しました。
昨日地獄を見た栗原に一発が出たり、打線に当たりが出始めたのはいい傾向ですが、何より今日の勝因はキャプテン石原の活躍にあると思います。
ルーキー小松がいきなり4点を献上した立ち上がり、相手の西口も大乱調でまず2点を返しました。しかし期待の末永が倒れてツーアウト…
これまでの例からこれで終わってしまうのではないか…カープファンの多くが思ったと思います。
しかし今夜は石原がやりました。
末永が倒れた直後の初球を見事に2点タイムリー!
同点に追いつき、打ち込まれて萎れていたはずの小松を蘇生させ、チームに勇気を与える一打になりました。
そして続く2回表。
一塁には1回と同じく片岡がいました。当然走るケース。
1回も小松は片岡の足を警戒するあまり、ださっ屁の注意が散漫になり連打を許しました。ここも同点直後で大事な場面…
その片岡の足を封じたのが石原でした。
栗山の初球に走った片岡を見事に刺したことで、小松が5回まで踏ん張ることができ、プロ初勝利につなげることができました。
開幕当初3番を任せられるなど好調だった石原でしたが、最近は打撃不振で打率が30位以下にあえいでいるような状態でした。
WBC以来働き詰めで、最初の疲労が出ていたのかも知れません。
しかし、打撃は不振でも12球団一の投手陣を見事にリードしています。
それはユニフォームの袖に縫いこまれた「C」のマーク。キャプテンの誇りにかけて闘う男の姿でした。
今日は打って守って見事な活躍です。
石原の元気こそが明日への希望なのかもしれません。

スポンサーサイト



コメント
コメント
キャプテンマークの誇り
今日は初回から4点も取られ早くも絶望感が漂いまくりの試合を勝てたのはやはり点を取られたすぐあとの攻撃で一気に同点まで追いついたからでしょうね。
石原ナイスタイムリー!!
小松君も5失点でも勝ち投手!打線が強力援護で前回の巨人戦での小松君への借りを返しましたね。
しかししかし、24打数でわずか1安打、打率053の緒方選手・・・。さすがにもういいでしょ・・・
いくら人気があって、1500本安打まであと2本でも緒方選手より期待でき結果が出てる選手が他にもいるのに代打緒方はないやろ・・・。
2009/05/25 (月) 07:51:00 | URL | カプキチ #79D/WHSg[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 カープ一筋45年の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.