FC2ブログ
カープ一筋45年の独り言
カープファンというよりもカープが生活の一部になっています。
薄氷の連敗脱出
腰痛が再発した栗原の離脱で始まったこの三連戦。
「欠陥球場」といわれる由縁になったスプリンクラーの蓋に当たるヒットからマエケンが崩れ、翌日は振り逃げから長谷川が炎上し、もはや打つ手は残されていないと思われ始めていました。
しかし篠田が残っていました。
初回連続四球でピンチを迎えるなど、特に変化球の制球に苦しみましたが、それ以降はストレート主体の投球で、文字通り阪神打線を力でねじ伏せました。
中盤疲れが出たところを痛打され1点は失いましたが、7回4安打1失点は見事な内容です。これで篠田は4試合中3試合を7回1失点以内で乗り切りました。これはマエケンとほぼ同じ内容であり、カープにとってこの二人が左右の両輪になることは間違いないところです。
しかし打線は今日もつながりを欠いてました。
たまたま相手が与えてくれた(2四球とボーク)チャンスに喜田剛が何とか外野に運んで逆転しただけでは…
トップバッターの東出は絶好調ですが、肝心のクリーンアップが機能しない状態は相変わらずです。しかもようやく上昇カーブを描き始めた赤松はファインプレーと引き換えに左肩を痛めました。おそらく抹消されるでしょう。
ルイス、栗原、そして赤松と投・打・走の主役が舞台を去っている今こそ、天谷、梵らが奮起しチームを支えなければなりません。
さてその赤松に代わって守備についていた廣瀬が最後の最後にお仕事をやってのけました。
打撃については12打席ノーヒットと当たりの出ない廣瀬ですが、その守備はチーム一と評されています。その守備がここ一番で輝きました。
9回表二死一、二塁。狩野の打球はライトの廣瀬の前に…
「ランナーが新井さんだったのでしっかりホームに投げればアウトになるタイミングだった」
廣瀬の送球はまさにレーザービーム。ストライク送球で新井の生還を阻止し、何とか勝利をもぎ取ることができました。
今日の試合は、篠田の好投、石井、梵が粘って四球を勝ち取り、機動力を圧力で相手のミスを誘い、喜田剛が打ち、シュルツ、永川が奮闘し、廣瀬で締めた…まさに全員野球ですy。
主役不在の今、ファンを含めたみんなの結束こそが苦境脱出の唯一無二の方法だと思います。


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 カープ一筋45年の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.