FC2ブログ
カープ一筋45年の独り言
カープファンというよりもカープが生活の一部になっています。
スマートじゃないバリントンでは…
今日はバリントンの3回の投球が全てでした。
試合前のブルペンから古沢コーチが「調子が悪かった」というように、試合開始後も何かに苛立っているのか、普通じゃないバリントンがマウンドにいました。
球は走っているように見えましたが、制球力がなく初回の本多のヒットはともかく、2回の柳田と今宮には高めの球を打ち返されました。
その回の最後の打者、中村を打ちとった後のタッチプレーなど、ちょっと普段では考えられない感じがしました。
バリントンの試合にしては珍しく、先制し追いつかれても突き放した3回裏。
解説者は柳田の時のハーフスイングの判定で集中力を切らした、と言っていましたが、むしろその前のラヘアへ簡単に四球を与えたことの方が重要だったと思います。
その前の打席、ラヘアはバリントンの変化球に完全に翻弄され、なすすべなく三振していたわけですから、一発があるので慎重に投げなければならないにせよ、打ちとることはそう難しくないように思えました。
ところが、力んだのかストレートもチェンジアップも高めに大きく外れ、あっという間のスリーボール。
1球ストライクはあ入りましたが、今度は低めに引っかけてしまっての四球…
簡単にツーアウトを取りながら、内野安打をきっかけにした満塁のピンチです。
柳田の時はかなり力が入っていました。
ツーストライクを簡単に取っての3球目。
あれはどっちとも言えるハーフスイングでしたが、バリントンはかなり落胆した様子で、ボール球を挟んだ5球目を打ち返されました。
その後のバリントンは、連打を浴びてあっという間の5失点…
昨年時折顔を出した「打たれだすと止まらない」姿が、今年初めて顔を出してしまいました。
先日の大竹といい、今日のバリントンといい、先発4本柱の二人が大量失点で敗れたことは危険な兆候かもしれません。
明日のまえけんがどう悪い流れを食い止めるのか、注目ですね。
久本も、無傷だった河内も、小野も失点してズルズル行ったこの試合の中で明るい話題を探すとすればニックでしょう。
2打席のタイムリーは内角のストレートを力で持っていった当たりでしたが、それで吹っ切れたのか2打席目はジャストミートで三遊間、3打席目は外角球をうまく流してのライト前…
何かを掴んだのでしょうか?
おりしもブラッドが脅威の回復ぶりでフリーバッティングを開始しており、それが刺激になっているのは間違いないでしょう。
先日「ニックを信じましょう」とコメントを下さった方…
本当ですね。
ニックが打ちだせば、もっと廣瀬と勝負してくれるようになり、チャンスも広がることでしょう。
でも明日は摂津だから、二人とも出番があるかどうか…
いずれにしてもまえけんにエースの投球を期待しましょう!
頑張れ、カープナイン!

スポンサーサイト



コメント
コメント
Re:スマートじゃないバリントンでは…
4番ニックは無理がありすぎ。
打線を分断してしまう。
そんな管理人サンの思いとは裏腹に、昨夜のニックは結果を残しました…ね。
まあ怪我明けですから、そこらも配慮しながら頑張って欲しいもんです。
1970/01/01 (木) 09:00:00 | URL | bq102140 #79D/WHSg[ 編集 ]
スマートじゃないバリントンでは…
去年のニックは打率こそ悪かったものの貧打の打線の中でチームを引っ張ってくれました。2年目の今年は足の状態さえ良ければ打率もあがるのではないかと思います。長打も求められるチーム事情もありますが、本来は柔らかいバッティングができるのではないかと思います。可能であればエルドレッドと二人スタメンで出てもらいたいと思うのですが・・・
カープは二人の外国人野手が揃って活躍した事が記憶に無い気がします。過去にありましたっけ?
1970/01/01 (木) 09:00:00 | URL | 二区 #79D/WHSg[ 編集 ]
スマートじゃないバリントンでは…
今週、セ・リーグで勝ち星を上げたのは、水曜日のヤクルトと金曜日の中日が各1勝。カープは勝ち星に恵まれなかったとはいえ、運に見放されていないのが救いですね。
開幕から2カ月あまりが経過し、さすがのバリントン、大竹、マエケンにも疲れがたまってきたのは否めません。いまが今シーズンで最初のふんばりどころです。野村祐輔が安定感を取り戻し、中村恭平が一皮むけて、今井か武内が発奮し、先発6人でローテーションを回せるようになってほしいですね。
打線はいまが底だと思います。これからは上向くのみ。栗原もこのまま黙っているわけがありません。期待して応援しましょう。
2013/06/01 (土) 09:38:24 | URL | カープ歴45年 #79D/WHSg[ 編集 ]
スマートじゃないバリントンでは…
これなんですよね・・・バリントンは。
科学的に証明もつかない「勝ち運のなさ」。
いいピッチングすれば、打線沈黙・先制を許す。
先制したら、逆転されて打ちこまれる。
彼は良い投手です。
代わりを探して来いと言われても、中々見つけられないでしょう。
でも「勝ち運」がない。
チームも勝てない。
だから私はバリントンを「柱」と呼ぶには躊躇するんです。
人が呼べば、「違和感」があるんです。
防御率もいいことに越したことはないですが、阪神のメッセンジャーの様に、防御率が悪くても勝ち星がつく・・又はチームが勝つが大事ですね。
2013/06/01 (土) 10:12:53 | URL | hi #79D/WHSg[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 カープ一筋45年の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.