FC2ブログ
カープ一筋45年の独り言
カープファンというよりもカープが生活の一部になっています。
野村謙二郎という選手、野村謙二郎という監督
「左右病」という野村監督批判が、コメント欄を大きく荒れさせてしまって…
私の文章中の表現に、あまりにもあからさまなものが含まれていたことで、多くの方々に嫌な思いをさせてしまった事を深くお詫びいたします。

さて、では何故ここまで厳しい事を書くのか、その深層をお話ししましょう。
遡れば野村謙二郎選手がカープに指名された時に、カープには高橋慶彦という選手がいました。
まだ30代前半で、しかも山内コーチの指導で長打力も付き、走れる3番バッターとしてショートを守っていました。
今の若いファンは知らないかもしれませんが、当時のカープにとって「全国区」のスター選手は、山本浩二、衣笠祥雄の両巨星と高橋慶彦しかいませんでした。
ただ、この慶彦ははっきりものを言うタイプで、開幕直前の「激励会」開催を巡って松田元オーナー代行(現オーナー)と衝突し、出場停止処分を受けたりしていました。
そんな中、野村謙二郎の1年目は本職のショートだけではなく、外野まで守ったりして経験を積み、追い出されるようにトレードされた慶彦の後がまに座ったのは2年目の事でした。
私は慶彦ファンでしたから、野村選手をあまり快く思っていませんでしたが、次第にそのプレーに魅了されていきました。
とにかくアグレッシブ!
一塁へのヘッドスライディングはまさに代名詞で、最初は下手だった守備も年を経るごとにうまくなり、殊に三遊間の深い位置からのノーステップスローなど、目を見張るものがありました。
盗塁王を取る俊足。
攻撃的でさえあった守備。
そして長打力を兼ね備えた打撃。
どれをとっても魅力的でしたが、一番の魅力はリーダーシップでした。
慶彦は両巨星の存在もあり「やんちゃな弟分」という雰囲気であったのに対し、野村謙二郎は「背中で引っ張る兄貴分」という感じです。
そのリーダーシップは、入団3年目にして経験した優勝時に、今はなき市民球場のグラウンドで行われたビールかけでも乾杯の音頭を任されたのでもわかります。(その後達川の指示で二塁ベースにヘッドスライディング)
1990年代、打撃力が頂点に達した「ビッグレッドマシン」の先頭を切っていたのが野村謙二郎という選手でした。
故障も多かったけど、2000本打った時は泣きましたよ。
引退が決まったあとの完投でのラストゲームにも行きました。
外野のファンに対して深々と礼をする謙二郎の姿に、涙が止まりませんでした。
そして引退の挨拶も忘れられません。
「野球はいいもんだぞ」
「野球は楽しいぞ」
テレビ画面に頷きながら泣いてましたね、この時も。
野村謙二郎は尊敬すべき、偉大なプレーヤーでした。
それから数年たち、野村謙二郎が監督として帰ってくることになりました。
私は、その若さを懸念しつつも。選手の時のリーダーシップそのもので元気に溌剌にチームを引っ張る監督になることだと期待していました。
しかし、それが大きく裏切られた訳です。
1年目に連れてきたヒューバー。
大型扇風機でしたが、連れてきたこと自体は良いんですよ。
外国人選手なんてやってみなければわかりませんから。
しかし、耳を疑うコメントが野村監督から発せられたので唖然としたものです。
ヒューバーがホームランを打った時
「万馬券が当たった!」
それは恐らく打てないだろうと思っていたが、たまたま打った、というニュアンスですよね。
打てないだろうと思っていた選手を起用していたことは、その選手には信頼を置いていないし、そう言う選手の起用はファンへの裏切りでしょう?
このコメントから、私は野村監督への期待感が大きくしぼみました。
さらに梅津の晒しもの事件。
不可解な登録・抹消。
どう見ても、選手を信じて起用しているという姿には見えません。
確かに、カープの選手は発展途上の選手が多く、他チームにおける「実績十分のベテラン」はいません。
しかしながら、我慢して育てることができなければその先のチームの未来はありません。
確かに一時結果を残した廣瀬や梵の怪我は大きかったと思います。
でも、この3年間にやるべき時間はあったはずです。
私は自営業で、どうしても外せない仕事以外は調整することで、ほとんどの試合を見ることができます。
でも最近は苦痛になる時すらあります。
「苦痛なら見なければいいじゃん」と家人は言いますが、結局出来ないんですよね。
カープファンの中でもディープな方ならわかると思いますが、カープの存在が生活の一部になってしまっているわけで、止めることはできません。
勝てば確かにすっきりするけど、負ければ、それも防げた原因で負ければもやもやが次の試合まで残ることになります。
かつての全盛期は、全試合の6割勝っていた訳ですから、ここ22年間苦痛の連続だったことになりますね。
今こそ、野村謙二郎監督は自分の言葉を思い返してほしい。
選手にとって
チームにとって
そしてファンにとって
どうすれば「野球」が「楽しく」なるのか?
どうすれば「野球」が「いいもの」」になるのか?
よくよく考えてほしい。

私は現役時代の謙二郎が大好きでした。
だからこそ今の姿がより一層悲しく、そしてよりいっそう苦しく見えます。だからこれまでよりもきつい言い方になってしまうのかもしれませんね。
今さらこんなことを書いても仕方ないのでしょうが、昨日コメントされた方々に、私の気持ちを少しでもわかって頂けたら幸いです。


スポンサーサイト



コメント
コメント
野村謙二郎という選手、野村謙二郎という監督
コメントを読んでいますと、批判も賛成もすべて広島愛だと感じ、
こんなに愛される球団があるか?とうれしくなってきますね。
野村采配については監督にも迷いってもんはあると思います。
チグハグな采配をファンは敏感に気づきます。
選手の体調等を考慮すればチグハグにならざるをえないのも納得ですが。
阪神今強いですね。
巨人はあれだけの選手層ですから、強いのも当たり前です。
以前の中日。
落合監督が「現行の選手で能力を10%底上げする。」と言ってましたね。
そしてあれだけの成績を収めました。
これ広島でも可能だと思いますよ。
ましてやお金のない球団です。岩瀬の采配等問題はありましたが、
今の広島ファンは「勝ち」に飢えています。
私は野村監督が落合さんにアドバイスを求めることもありじゃないかと思います。
幸い落合さんは広島が好きですし。
もう、伺ってるかもしれません。
でもあれほど執念を持った選手です。
監督になっても勝ちに執念を燃やす監督であってほしいと思います。
そしてファンはそんな野村監督を称えるでしょう。
1970/01/01 (木) 09:00:00 | URL | 鯉好き62歳 #79D/WHSg[ 編集 ]
一言だけ
かつてカープ打線が「ビッグレッドマシン」と言われていたことが「パクリ」と言われたので、一応書かせていただきます。
あの頃は優勝は出来なかったものの、実によく打つ打線で本当に試合展開が読めずにハラハラドキドキしたものです。いくら点差があっても勝敗はわかりませんでしたから。
ウィキには「ビッグレッドマシン(The Big Red Machine)とは、1970年代、メジャーリーグにおいて圧倒的強さ、人気を誇ったシンシナティ・レッズの愛称。または、それに倣って名付けられた1996年の広島東洋カープの打線名。」とありましたが、あの三村時代に投手力がもう少しあれば、あるいは野村、前田、緒方、江藤、金本が勢ぞろいする時があれば優勝出来たかも知れなかったですよね。
その三村さんも今は…残念です。
1970/01/01 (木) 09:00:00 | URL | カープ一筋40年 #79D/WHSg[ 編集 ]
気にしない♪
いつも楽しくブログを拝見させて頂いてます。
管理人さん、何も気にすることはありません。
私も管理人さんの意見!?考えに近いものがあります。
周りの意見は周りの意見。
カープ一筋40年の"独り言"ですから、
ブログを見て悪い気がするなら見なければよい。
管理人さんに批判的なコメをする方々は、
本当のカープファンを知らないだけだと私は思います。
今日はバリントン!!
勝利して、喜びのブログを楽しみにしています!!
1970/01/01 (木) 09:00:00 | URL | まっつん×2 #79D/WHSg[ 編集 ]
野村謙二郎という選手、野村謙二郎という監督
無闇矢鱈と今シーズンのまだ春の短い期間、しかも不調だった吉川の対左右成績を持ち出して、やれ吉川は左に弱いの何のと言い出す人が多いんですが
通算成績だと圧倒的に右バッターに打たれているんですけどね・・・まぁ、Yahoo!に載ってる程度のデータをプロのスコアラーが持ってないと本気で思ってるなら知りませんが。
1970/01/01 (木) 09:00:00 | URL | まぁ・・・ #79D/WHSg[ 編集 ]
野村謙二郎という選手、野村謙二郎という監督
こんにちは。
ノムケン監督を割と支持している私ですが、管理人さんのブログ、好きです。
もちろん私の意見とは、(当たり前ですが)違うこともありますが、根底にカープへの愛を感じるからでしょうか。物議をかもした(?)昨日のブログも、私はあまり気になりませんでした(^^;)
管理人さんは、ほぼ毎日、勝っても負けてもブログを更新してらっしゃる。並大抵のことではないって思っております。
なので、多くの方のコメントには、ちょっと厳しいなぁって感じてしまいました。
様々な意見があるのは当然なので、私のコメントも、一意見としてお納めくださいませ。
これからも楽しみにしております。
1970/01/01 (木) 09:00:00 | URL | マヤコフスキー #79D/WHSg[ 編集 ]
野村謙二郎という選手、野村謙二郎という監督
はじめまして。
去年ここでブログ書いていた破天荒といいます。(現在は忙しくて更新してません)
コメント失礼します。
突然ですが、コメント欄が前回からすごいですねぇ!
様々な意見が飛び交っているようですが、私は管理人さんの気持ちがよく分かりますし、全く同じ気持ちです。
カープを愛するがゆえに感情の殴り書きをしたくなるのもわかりますし、監督の采配が迷采配だと何度思ったことか…
ただ、他の方も言われているようですが、私達はどれたけカープを愛していようと応援しようとただの素人。
そりゃ、私も中、高と野球やってましたから野球経験者として、(一応)ノムケンの采配に文句ばっか言ってますよ(笑)
それでも、前回と今回のコメント欄から私は監督をそして、選手を信じてあげないといけないと思い始めました。
自分も含めてですが、22年間も優勝から遠ざかっている事もあり、カープファンは全体的にネガティブな方が多いと思います。
ただ、様々なコメントを拝見させていただいて、私自身、批判ばかりの感情も考えなければと思わされました。
なので、管理人さんもこれを機に考え方を変えてみませんか?
すいません。上手に気持ちを伝えきれてない文章かもしれませんが、
突然のコメント失礼しました。
1970/01/01 (木) 09:00:00 | URL | 破天荒 #79D/WHSg[ 編集 ]
野村謙二郎という選手、野村謙二郎という監督
どうしても・・・都合のいい事・言葉しか人は記憶にとどめないのか(笑)
「堂林、昨日はお前で負けた」の発言を指摘された方は、ちょっと忘れてますね、その後の発言を。
「堂林、昨日はお前で負けた。今度はお前で勝ったと言われる試合を数試合(数は忘れました)作るんだ」とも。
名まえを出される。
それをすぐ個人攻撃と受け止める。
マウンドの砂入れの件も、詳しい状況はわかりませんが・・・
神宮ならば、永川投手が投げるのは「回の裏のヤクルトの攻撃」です。
「表の広島の攻撃」に砂入れを行わなかったならば、砂入れはしないはずです(お互い、その回の表裏を出来るだけ同じ条件で行うため)
で、永川投手が怪我をした。
読んでいると、雨が降るのも、怪我したのも「野村監督のせい」に聞こえるんですよ。
人前で叱ることがヒステリー男というのならば、堂林クンは人前で叱られて成績を落としてしまう「温室育ちの坊ちゃん」なんですか?
勿論、人によっての「叱り方」はあるでしょう。
常々感じるのは、「意識」です、選手の。
「進塁打の意識」「配球を読む」「相手の隙をつき、ひとつでも先の塁への意識」「逆方向へ打つ意識」「間を取る意識」
監督やコーチに「言われないと出来ない」では・・・・・・。
昨日、今日野球を始めた選手たちではないのです。
ヘンな言い方ですが、「もがき苦しんで、這い上がって来い」でしょう。
巨人、阪神の選手なんてそれはもう、いわれもないことで叩かれる(笑)
「批評」は良いと思いますが、試合に負けた後などの「怒りにまかせたバッシング」は、読んでて気分が悪いです。
愛情の欠片も感じません。
「左右病」から始まったお話。
つまるところ・・・「使われた選手が答えを出すべき」
使われるということは、皆「この世界で生き残るチャンス」が目の前にあるのですから。
1970/01/01 (木) 09:00:00 | URL | hi #79D/WHSg[ 編集 ]
野村謙二郎という選手、野村謙二郎という監督
コメント失礼します、
先日は拙いコメントで失礼しました、今回の管理人さんのブログを拝見して、管理人さんの気持ちも察する事が出来、前回の失礼な文章すみませんでした、
ただ願わくば、このような、野村監督えの、厳しい意見と、配慮を上手く織り交ぜていただけばなと思います、
個人的な意見ですが、ある意味自分は野村監督は1度ユニホームを脱いでもう一度外から野球を勉強した方がいいとは思います、
ただ、残念ながら、そうしたところで多分、球団が変わらない限りは一緒だろうと思っています、
野村監督くは確かに勉強不足だったことは事実です、しかし、そういう原因を作ったのは球団です、これは浩二、達川から何も変わらない球団スタイルです、そういう意味では野村監督は球団の被害者だったと思います、
これといった戦力も与えず、コーチも昔のように職人さんがいない、
もし、球団が、生え抜きの野村監督に監督修業をさせ、エリート監督にさせたかったのなら、それなりの補佐、コーチ、選手を付ける事もしなければいけなかったと思います、
西武の伊東、巨人の原、ヤクルトの若松が監督になる時はそれなりに、球団が何年か準備して良い形で渡していたと思います、
しかし、広島にはそれがありません、これでは多分、今度野村監督が辞めた後、緒方、前田がなったとしても同じようになるでしょう、ただ、人柄がそれぞれですから、同じようにバシッシングされるかは分かりませんが、
前田や、緒方を、第二の野村監督のようにしないためにはやはり球団が明確なビジョンを持ち、バックアップが必要なのではないでしょうか、
1970/01/01 (木) 09:00:00 | URL | おじゃまします、 #79D/WHSg[ 編集 ]
野村謙二郎という選手、野村謙二郎という監督
監督を胴上げしたい!って言う選手がいれば・・・。
野村監督はもっと熱い野球をしていたと思うんですが。。。
少し前にマエケンが登板して負けた
横浜戦でマエケンの代打でルイスが送られました。
代打がコールされた時、ルイスはまだジャンパーを
着ている状態で、首をかしげながらバッターボックスに向かいました。
あえなく三振。そりゃそうですよ、素振りもせず打席に立ったんですから。
なぜそうなるのか理解できません。コーチ陣にも問題あるのでは?
と思わせた瞬間でした。
1970/01/01 (木) 09:00:00 | URL | なるほど #79D/WHSg[ 編集 ]
野村謙二郎という選手、野村謙二郎という監督
野村采配ですね。
私も、前は野村采配の事をどうのこうのと言っていましたが
ま、しょせん私も素人ですから、監督の考えや思いは、ほんとのところはわからないので、批判的な発言は、けして、ファンとしての態度としていいものではないし、それで、カープが
勝ようになるわけでもありません。やはり、がんばれ、がんばれと応援する姿勢が、選手や監督に力を与える事になるのだと
思います。
左右病といわれますが、野村監督も山本浩二や衣笠
見たいな選手がいれば、今のような采配はしないと思いますよ
やはり、現実的に起用には苦労されているのだと思います。
データだけの野球ではだめだと良く言われるのですが、打率
やはり確立で評価されている以上、データは非常に重要で、勝つためには、あらゆるデータの中から、より良い起用方法として選手を選んでいるのだと思いますよ。しかし、あのメンバーで私はよくやってると思いますがね。
前に江本がラジオで言っていたのですが、選手を育てる、育てると言っても、そう簡単なことじゃないし、実際は育てて
チームを強くするのは、ほんと難しいし、無理なところもある
と。
カープの場合、良く若手をここまで、育てて1軍で使える
ところまで来てると思いますよ。ただ、やはり全員未熟な選手が多いのも事実で、野村監督が描いているように中々いかないのだと思いますよ。
選手の補強に関しては、フロントの考えや
スカウトの目スカウト組織の問題やもっとお金をかけてやらないといけない所がたくさんあって、その辺が、特に外国人探しでも、投手はほんといい選手を探してきますが、やはりスカウトの数が他球団より足りないらしく、広範囲を、なかなかみれない状況もあり、サポート的な部分でもっと強化していかないと、監督の采配だけに頼っても限界がありますよ。
1970/01/01 (木) 09:00:00 | URL | よっちゃん #79D/WHSg[ 編集 ]
野村謙二郎という選手、野村謙二郎という監督
んー・・・ちょっと変に掘り下げ過ぎじゃないですかね
どこのチームのファンでも、野球以外でもそうですけど
「選手の力」と「監督コーチの判断」で
どちらがどの程度影響するかと言うのはファンの間で揉める部分です
前にも言いましたが、負けが先行している状況ですから
ネット上では特にどうしても批判中心、問題指摘優先になります
最終的に監督にも批判が行く事自体は当然ですが、
「役に立たない選手を使う監督が悪い」
「調子が上がらないのは監督コーチが無能なせい」
「調子を落とすのは使い方が悪いからだ」
ここまで来ると、反論は出ると思います
ただ好調な選手を褒めるだけの状態ですからね
なぜそこまで監督の話に持って行くのか?と思う人や
成績残せてない選手はどうでもいい扱いなのか?と思う人もいます
今は先発4枠、抑え1枠、外野2、3枠以外は空いてるような状態です
そして起用されるチャンスだってあります
少なくとも自分は、OP戦の丸、4月の廣瀬、5月の中東のように
選手がチャンスをものにして欲しいと願います
まあ、こういう時期でも「○○が悪い」でなく「○○頑張れ」と言う人間は
愚痴りたい人からするとウザいのかもしれませんが
そこは価値観の違い、お互い様と思って
適度にぶつかりつつスルーしつつするしか無いのでしょう
1970/01/01 (木) 09:00:00 | URL | akai #79D/WHSg[ 編集 ]
野村謙二郎という選手、野村謙二郎という監督
皆さん様々な意見がありますね
私も同じくカープが生活の一部(心の中で)になっています。
惜負ならまだしも一方的に負けた日等は中々気持ちが上がりません。特に巨人にメークドラマとやらやられた年は最悪でした。
江藤は怪我させられるし・・・
私は広島に住んでいるわけでもなく、恥ずかしながら試合も見に行く事ができずにいますので、地元の雰囲気はわかりません。
ただファンがチーム(監督)に対して色々言っている状況はあまり良くありませんね。一緒にしてはいけませんが少年野球の指導者に保護者が色々言い出すと結局かわいそうなのは子供達だと思います。
苦痛だと思いますが、納得行かない采配もあると思いますが、野村監督も監督としてじわじわ成長しているのではないかと思います。
愚痴も時々言いながら、ここまで我慢してきましたからもう少し(?)一緒に我慢しましょう。
1970/01/01 (木) 09:00:00 | URL | カープ暦35年 #79D/WHSg[ 編集 ]
野村謙二郎という選手、野村謙二郎という監督
私は前回のコメントで野村監督への批判を諌める発言をしましたが、
これは発言があまりにも口汚い内容だったためです。
(これに関しては反省の言がありましたので、ほっとしております。
誰にでもかっとなってしまうことはありますからね)
ブログ内で冷静に采配を分析し、根拠を提示した上で、
批判を行うことは有意義なことだと考えます。
そうすればコメントにも、議論の種となるような、
建設的なものが増えると思いますしね。
1970/01/01 (木) 09:00:00 | URL | 鯉昇り #79D/WHSg[ 編集 ]
野村謙二郎という選手、野村謙二郎という監督
いや本当にプレーヤーとしての野村監督はかっこよかったなんてもんじゃなかったですよね。
2000本達成した時も引退の時も20代そこそこだった僕が大阪から観戦しに行くのがまったく苦(金銭的に)ではなかったですもの。
下手に打球に追いつくからエラーがつくのになぁって思わせるアグレッシブな守備も好きでした(今のカープの内野陣も影響うけてますよね笑)。
結局僕らは野村謙二郎という人物が好きなんでしょうね。だから腹が立つんではないですかね。
次回からもブログ楽しみにしております。
1970/01/01 (木) 09:00:00 | URL | 大阪幕府 #79D/WHSg[ 編集 ]
野村謙二郎という選手、野村謙二郎という監督
あの思ったのですが、管理人さんと野村監督の関係を、野村監督と選手に置き換えたらスッキリするのでは?
管理人さんは、自分を正当化?されていますが、だとすると、野村監督の選手への対応等、非難するのは??ではないでしょうか?
野村監督も選手への思いが強く・熱いってことでしょうから。もしも管理人さんの言われることを良しとするなら、『万馬券』等の発言も同様ではないでしょうか?
監督や選手の非難をされる方は多いですが、少なくとも誰が喜ぶのでしょうか?『自分の非難は愛情だ』っていう考えは、他のファンから見れば気分が悪いだけだと思います。
2013/05/31 (金) 10:05:05 | URL | ノムケン監督も選手を愛しているんですよ #79D/WHSg[ 編集 ]
野村謙二郎という選手、野村謙二郎という監督
広島がいつ「ビックレッドマシン」なんて呼ばれていた時ありましたっけ?
ピートローズ・コンセプシオン・ベンチ・フォスター・モーガンがいた頃の「シンシナティ・レッズ」がそう呼ばれていたことは知っています。
パクリはユニフォームだけにしておきましょう。
選手を曝すと言われる方がいて、それをカワイソウというのは、逆にその選手を馬鹿にしています。
使われずに干されてるならまだしも、マウンドに立ち「そこは自分で抑えるんだ。頑張るんだ」じゃないんですか?
ある意味、子供のころ見た巨人の新浦投手がそうでしたね。
来る日も来る日も「ピッチャー新浦」・・・。で、打たれまくり(笑)西本投手も7連投ぐらいさせられてましたよ。
そう、赤ヘルが優勝し巨人が最下位の頃です。
個人差があり、梅津選手と名まえを書いた選手は同じではありませんが、何故「監督が特定の選手を曝しものにしてる」ということになるんでしょうか?
梅津選手もプロ。打たれて学び、この世界で飯を食わなきゃならんのです。
選手にとって「同情される」のが一番の屈辱と思います。
叱咤激励は「暴言」や「非難」ではないでしょう。
期待しているから、好きだから・・・
ならば、もっといろいろな角度でカープを見ませんか?
私はどこのファンでもありませんが、なにか「野村監督采配批判」に多くのカープファンが逃げているように映るんです。
「当たり前だよ」と言われるでしょうが、ブログ等やられてる広島カープファンに問いかけたい。
「あなたは本当に・・本当に、広島カープが好きですか?」
2013/05/31 (金) 10:26:22 | URL | hi #79D/WHSg[ 編集 ]
野村謙二郎という選手、野村謙二郎という監督
 昨日指摘した廣瀬欠場に関する誤った認識に関する見解はないのですか? 元々の論点はそこだったはずなのですが。
 繰り返しますが、あれは左右病うんぬんではなく、故障の影響によるものです。しかも知ってのとおり、廣瀬は故障しやすい選手。梵に定期的な休養が与えられているように、廣瀬にも休養は与えられて然るべきではないでしょうか?
 あと、野村監督の迷采配を並べておられますが、それらは大半が2010年のものですね。最近もこういうの続いてましたっけ?
 さらに言えば、「3年間でほかにもできたこと」って具体的にはどういうことですか? それをやったとして、今のカープが絶対に強くなったと?
 以上です。
2013/05/31 (金) 10:46:28 | URL | あのー。 #79D/WHSg[ 編集 ]
野村謙二郎という選手、野村謙二郎という監督
 あと、我慢して育てることができなければ強くなれないって書いてあるけど、さんざん「堂林外せ」って主張してましたよね。
 揚げ足取りになっているのは分かっていますが、矛盾しすぎじゃないですかね。
2013/05/31 (金) 10:49:36 | URL | あと #79D/WHSg[ 編集 ]
野村謙二郎という選手、野村謙二郎という監督
初めまして。
ブログで私的意見を公開していれば良い事悪い事言われるのはご納得されていると思います。
そんな中コメントしかしていない自分からすると、とても勇気のある事と思います。
【左右病】
通常打線で戦っていないので、(選手の)誰が悪いとか良いとか判断できないと思うんです。
ただ、一流バッターであれば右左関係なく対応できるのであろうという推測でしかありません。
一度通常打線で戦ってみてもらいたいものです。
強いチームは「打線固定」!!ではないですか?昔のイメージですかね?
【我慢して使う】
今までも、新井や栗原と我慢してしてくれる選手がいたと思います。
若手主体でいく今のメンバーではキツイのでは…
一度ファームに行って成績上げて気分よく1軍に上がってきてくれれば良いと思ってしまいます。
ただ、私は女で、野球をした事もないので、プロ野球に関して語れる身分では無いです(学生時代に団体球技はしていました)が色んな意味のリフレッシュ。一度してみてもらいたいです。
【すみません、改行の仕方が分からなくて、とても読みにくくな
ってしまいました】
2013/05/31 (金) 11:39:26 | URL | TOMO #79D/WHSg[ 編集 ]
野村謙二郎という選手、野村謙二郎という監督
いつも楽しみにして拝見さしてもらっています。カープ愛が伝わります。
2013/05/31 (金) 12:16:02 | URL | きん #79D/WHSg[ 編集 ]
野村謙二郎という選手、野村謙二郎という監督
このご意見にまったく同感です。選手としての野村謙二郎。私も大好きでした。30-30(本塁打30本-盗塁30個)をやってのけるなど成績は申し分なし。あのイチロー選手が「日本の野手で最初にメジャーに行くのは謙二郎さんだと思っていた」と言ったくらいですからね。その実力はグラウンド内外の誰しもが認めるでしょう。
それだけに、監督になってからの野村謙二郎氏は残念で仕方ありません。まず、選手育成に関しては、昨年8月20日に波紋を呼んだ「堂林、きのうはお前のエラーのせいで負けた」の発言で、彼がいかに指導者向きでないか、説明するまでもないでしょう。まるで、仕事でミスをした若手に対して、社員のみならず取引先関係者やお客さんの前で無能呼ばわりするヒステリー男です。「たとえ新入社員でも叱るときは人が見ていないところで」が常識です。ちなみに、堂林選手の打撃成績はこの日を境に急降下しました。
もうひとつ、彼が監督就任1年目の2010年6月、神宮球場で私はカープ以外の試合も含めて45年間のプロ野球観戦で最も嫌な場面を見ました。ヤクルトに大きくリードを広げられ、土砂降りの中で永川勝浩投手をマウンドに送ったのです。マウンドは雨でスブスブにもかかわらず、砂入れを要求するでもなく、ましてや中断要請もせず。前年までの絶対守護神のプライドもお構いなし。私は悪い予感がしました。案の定、そのマウンドで永川投手は投球中に足を滑らせて内転筋を損傷し、現在までの長期低迷に至っています。
ほかにも「マエケンのセリーグ1試合奪三振記録を見過ごしちゃった事件」など、選手配慮にかける行為は枚挙にいとまがありません。
コメントと称して、ここに好き放題を書いて、野村監督を擁護し、このブログ筆者を雨あられのごとく非難している方々は、野村監督のような社長または上司のもとでも喜んで仕事ができるのでしょうか。
ブログ筆者と重複しますが、野村謙二郎氏は偉大な選手だっただけに、監督としても器の大きな人であってほしい。情熱と温かい心を兼ね備えた監督であってほしい。選手への思いやりを常に失わない監督であってほしい。そういう野村監督であるならば、「あれ?」と思う采配が多少あろうとも、ガタガタ言うつもりなどまったくありません。
長くなりました。みなさん、カープを思えばこそ、熱くなっていらっしゃると思います。熱くなればこそ、個人的な思いや私見が強くなるでしょう。とはいえ、いがみ合うのはやめましょうよ。
2013/05/31 (金) 12:23:07 | URL | カープ歴45年 #79D/WHSg[ 編集 ]
野村謙二郎という選手、野村謙二郎という監督
色々意見があるのはいいですが、管理人さんへの批判を気にしない、で済ませるのはどうかと。
ただの誹謗中傷ならまだしも、議論する場で、批判を全てスルーしては意味がありません。当の広島ファンを知らない…本当の広島ファンの定義を知りたいですね。
2013/06/01 (土) 01:36:24 | URL | next #79D/WHSg[ 編集 ]
野村謙二郎という選手、野村謙二郎という監督
ご意見激しく同意します。
40年カープを応援し、常勝時代も謙二郎の選手時代を知っている者としても共感します。左右病なんて前からあちこちで言われてますよ(笑)
頑張って思うところをぶつけてください
2013/06/01 (土) 02:38:22 | URL | ハリー #79D/WHSg[ 編集 ]
野村謙二郎という選手、野村謙二郎という監督
今日も左右病が炸裂じゃな。当るか当らないかは時の運ってことじゃろ。
まぁ、調子が上向きだしたら相手左右によって外れたり打順もコロコロ変わってりゃ選手も調子を維持するのも大変じゃろな。
2013/06/01 (土) 03:00:20 | URL | スイーツ #79D/WHSg[ 編集 ]
野村謙二郎という選手、野村謙二郎という監督
コメントが炎上してしまうのはそれだけ多くの人が見てくれてるということでしょう。
おべっかを使うだけなら誰でも出来ます。
本当に大事な人というのはこういう事態を恐れずに苦言を呈することが出来る人です。
2013/06/01 (土) 06:58:36 | URL | カープ大好き23歳 #79D/WHSg[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 カープ一筋45年の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.