FC2ブログ
カープ一筋45年の独り言
カープファンというよりもカープが生活の一部になっています。
失投二球
今日は懐かしい顔が球場に現れました。
ゲイル・ホプキンス
我々に初優勝を運んでくれた、かつての助っ人です。
有名な話ですが、本当は引退して医者になる勉強をする予定だったホプキンスを「優勝するためには君の力が必要だ」とくどき落として広島にやってきました。
忘れもしない昭和50年10月15日。
1対0で迎えた9回表に、高橋一三から3ランホームランを放ち、優勝を決定付けたこと、本当に昨日のように思い出します。
その後、自らの志望通り整形外科医として開業し、さらに宗教学を修めて牧師さんの資格も持っているとか。
今回は整形外科の学会で来日し、今日の試合の始球式で久々にバッターボックスに立ちました。
体格は太めになっていましたが、あの柔和な顔は当時の面影を残していますね。
さて、今日の試合はたった2球の失投で敗れました。
マギーには外に投げようと思ったストレートがシュート回転で真ん中に入り、ジョーンズにはストライクを取りに行ったストレートが、やはりシュート回転して真ん中よりに行ってしまいました。
バリントンについては、今日は非常に良かったにもかかわらず、あの場面で何故あんな球が…という感じでしたが、ミコライオは制球に苦しみ、カウントを悪くして痛打されました。
マギーもジョーンズもバリバリのメジャーリーガーでしたから、少々の変化やスピードボールにも簡単にアジャストしてきます。
バリントンはその点心得ていて、ジョーンズにはスライダーを多投する「日本的投球」で打ち取っていました。
ですから9回あの場面、変化球の制球にやや難のあるミコではなく今村の方が良かったかも…と考えてしまいましたが結果論ですよね。
それにしても則本投手は素晴らしかったですね。
全く打てそうにありませんでした。
あの投球を崩すには、梵のようにひたすら粘って、打てる球が来るのを待つしかありません。
代打松山という「英断」があったにもかかわらず負けてしまったのは、実は本当に大きかった気がします。
あのあと逆転して勝っていれば、連勝を続けていく可能性も大きかったですからね。
これで明日の打順も変わってしまうような気がします。
※今の打順がいいと思うのですが、変えるとしたら1、2番をひっくり返すことでしょうか。
明日はまえけんで取り返してほしいです。
頑張れ、カープナイン!

スポンサーサイト



コメント
コメント
失投二球
2球とも完全な失投。マギーへはボール要求がど真ん中へ。リードのせいとはいえないと思う。失投を確実に捉えた相手が凄い。バリ 坂本にも1球の失投をやられたことがある。則本にも甘い球があったが、我らがカープ打線はそれを捉えられない。堂林、ど真ん中空振りするようでは重症。使い続ける意味が解らない。本当に勝つ気あるのか!今季も堂林育成の為、経験を積ませる為に終始するのか。失敗経験することは良いこと。でも失敗を次に活かしてこそ意味あることで現状ただ同じ失敗を繰り返すのみ。
・アウトコースのボール球の見極め
・ストレートへの対応(去年より悪くなっている気がする)
少なし この2点に改善が見られない限り出る意味なし。
期待が大きいだけに、残念だ。
今日は現地観戦。堂林を見に行くのではなく、カープの勝ちを見に行く。先発マエケン、相手先発 永井も良い投手で今日も熱い中、熱い投手戦になりそう。良い投手とはいえ、100球も投げれば必ず失投はある。その失投を捉えられるか否かが、今日も勝負の分かれ目となりそう。ミス(エラー、四球)をしないことは言うまでもない。連敗はいかんぞ!頑張れカープ!
1970/01/01 (木) 09:00:00 | URL | gogoCARPboy #79D/WHSg[ 編集 ]
失投二球
 堂林をファーム調整させる以前に、どうして打たれるリードをする31(もう名前はいいたくありません、これで)を下げて、ファームに落とし、他のポジションで勉強させるのが(彼の高校で名捕手なし、は結構有名)残りの野球人生考えてもベストなはず。
 堂林、彼、外野3人とファームで高騰してる投手・磯村・木村を入れ替えたほうが、ましに守れる布陣がしけるはず(外野9人はどう見ても引きました、左右考えても6人ないし5人がベスト)。
 こう見ます。
2013/05/26 (日) 04:15:58 | URL | DD #79D/WHSg[ 編集 ]
失投二球
いま、責めるべきは、フロントでしょ。
則本投手は昨年のドラフト2位指名です。ほかにも昨年は、ヤクルトが2位で小川康弘投手、横浜が2位で三嶋投手と3位で井納投手など、2位以下で即戦力の優秀な投手を獲得しています。
それに引き替え、カープはどうでしょう。現投手陣で2013年は安泰と言わんばかりの指名構成でした。まったく、フロントはどこに目をつけているのやら。
今シーズンに先発で計算できるのは、マエケン、大竹、バリントンの三人で、「野村はどこまで復活できるか予想つかず、今井がシャキッとするかは未知数、中継ぎと抑えも決して盤石ではない」ということくらい、素人の私でも昨年のシーズン終盤の段階でわかっていました。
「フロントはちゃんと仕事せえ」と声を大にして言いたいですね。
2013/05/26 (日) 05:42:07 | URL | カープ歴45年 #79D/WHSg[ 編集 ]
失投二球
ルーキー相手に、まるでエースを相手にしているような雰囲気でしたね。
バリは可哀想ですが、これが現状のカープ打撃陣の実力なんですよね・・・
しかし、負け試合では様々なものに鬱憤をぶつける人がいるのは承知していますが、
まさか交流戦ダントツ最小失点の投手陣を支える女房役を非難し、
あまつさえファーム行きやコンバートまで提唱する人がいるとは(苦笑
本日も8回1失点の石原のリードは決して悪くなかったと思うのですが・・・
むしろ9回の決勝点を打たれた場面は、
倉さん安易にカウントとりに行き過ぎたかな、とは思いましたが、
これもミコの球が荒れまくっていたので、リードのせいとは言えませんよね
2013/05/26 (日) 07:35:54 | URL | 鯉昇り #79D/WHSg[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 カープ一筋45年の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.