FC2ブログ
カープ一筋45年の独り言
カープファンというよりもカープが生活の一部になっています。
中国戦
今日も勝ちました。
負けなしで一次ラウンドを突破したのは初めてだそうですが、とりあえず良かったですね。
投手陣も、武田がやや不安定だったことと、相変わらず藤浪のストレートが抜け気味だったことを除けば安定していたように思えます。
特に初登板の松井は、腕も振れていて変化球の切れもよかったので、二次ラウンド以降は重要な戦力になってくると思います。
打線も効果的な一発が出て、結果的には圧勝とも見える試合となりました。
ただ、心配なのはタイムリーでの得点がなかなか出ないことです。
これからレベルの高いチームとの対戦が続きます。
ホームランがこれまでのように出るとはなかなか考えられません。
少ないチャンスをしっかりモノにしていくことが重要になってくることでしょう。
その中で、広輔の足で稼いだ先取点や菊池の内野安打でのダメ押し点(その前に広輔が盗塁している)は、今後のことを考えると重要です。
足を使っての攻撃はチームに勢いを与えますし、勝っている場面のみならず、同点あるいは劣勢の場面でもどんどん仕掛けていくべきだと思います。
それと今日の試合のスタメンですが、一次リーグ突破を決めた後なので、これまで使えなかった選手を使うという意図はわかりますが、菊池、筒香と中田以外を大きく変える必要性がどこにあるのでしょうか?
私はカープファンですから広輔を起用してくれることは非常に嬉しいのですが、使うのであれば坂本が今後出る打順での起用のほうが良かったように思います。
山田も今後三番起用があるのでしょうか?
限られた期間でチームを仕上げていくという中で、各自が自分の打順での役割を掴んでいかなければなりません。
その機会をなくしてしまうことにはあんまり賛成できないですね。
最後に、これまでも書いてきましたが、小林は明らかにラッキーボーイになってきています。
今日のホームランは素晴らしい一打でした。
二次ラウンドでも活躍してくれるのではないでしょうか。
さあ、まずは難敵オランダです。
集中力を失わずにバンデンハークを攻略してほしいと思います。

オーストラリア戦
ナイスゲームだったと言っていいでしょう。
投手陣が最少失点で粘り、打線は主軸のホームランあり犠牲フライありで4得点。
特に中田に一本出たことは大きいです。
今日の試合のポイントがあるとすれば5回裏でしょうか。
菅野と千賀を繋ぐ中、ランナーを残して菅野を代えざるを得ない場面での岡田の投球です。
小林がワンバンをそらし、その後はストライクが全く入らなくなった岡田に対し、いいタイミングで小林がマウンドに向かいました。
ここで取った「間」がその後のダブルプレーに繋がったのだと思います。
小林については、リードについては賛否があるかもしれません。
しかし、昨日のブログで書いたように、小林はある意味ラッキーボーイになっています。
勝ち続ける中、小林を使い続けるべきだと思います。
投手陣では千賀と宮西が良かったですね。
今後の戦いの中で、この二人の使い方はポイントになってくるような気がします。
あとは松井ですね。
早めに使ってあげる必要があると思います。
さあ二次リーグに大きく前進することができました。
明日は少々休養して中国戦に備えてほしいと思います。

キューバ戦
ついにWBCが開幕しました。
かつてのライバルである韓国がイスラエルに不覚を取るなど、連敗で二次リーグ進出が厳しくなる中、日本も初戦を迎えました。
試合開始直後は、みんな硬かったですね。
結果的に乱打戦になった今日の試合では、いくつかのポイントがあったと思います。
まずは初回。
我らが菊池がチームを救うプレーを見せて失点を防いだことですね。
このダブルプレーでナインは落ち着きましたし、エラーをした松田はこのプレーで救われました。
それが松田の大活躍につながったのだと思います。
それから中田の盗塁。
その後坂本がタイムリー、松田のスリーランに繋がりました。
こういう試合はいかに相手の隙につけこむか、ということが重要になります。その点このプレーの意味は大きかったですね。
打線については中田と誠也が心配ですが、他の選手にはヒットが出たので一安心です。
(小林はラッキーボーイになる可能性があります)
問題は投手陣です。
好投した石川はともかく、則本も平野も心配ですね。次回登板で払拭して欲しいと思います。
今日の継投自体は「?」だらけでした。早めに各自の役割分担をはっきりさせることが必要なのではないか、と思います。
(現時点でも誰が抑えか決まっていないような話だったので)
いずれにしても今日の勝利は大きな前進です。
明日もしっかり勝って二次リーグ進出を早めに決めて欲しいと思います。

オープン戦雑感
様々な事情でしばらくお休みしてました。すみません。
今日から再開させていただきます。
今日は久しぶりにオープン戦を見ることができました。
その中で特に目立っていたのは、まずは岡田ですね。
昨年は抜け球が最後まで治らなかったのですが、今日はそれがなく、伸びのあるストレートをしっかり腕を振って投げこんでいました。
垂れないストレートを投げ続けることができれば、まさにポスト黒田の一番手です。
二人目はやはり堂林でしょう。
ホームランもタイムリーも相手投手の失投なのでしょうが、ミスショットすることなくしっかり捉えられていました。
身体も一回り大きくなったようですし、モデルチェンジしたバッティングフォームがモノになれば今度こそ大化けするかもしれません。
ホームランの方向もセンターだったので、堂林の本来の打球がもっともっと増えることを期待したいと思います。
その他、丸は貫禄の打撃ですね。故障による出遅れを感じさせませんでした。
龍馬もいいですね。相変わらずコンタクトが素晴らしいです。
そしてペーニャ。あれだけ広角に打てるとなると、外国人枠も相まって首脳陣は悩むことでしょう。
投手陣では一岡もヘーゲンズも制球に少々難がありました。
ヘーゲンズは先発調整なのでしょうが、もう少しカットボールの制球を上げていかないといけないですね。
一岡はフォークボールが決まらずに苦しんでいる感じでした。
飯田はインステップするフォームに変えて、左打者への対策ということなんでしょう。高山を打ち取ったボールは良かったと思いますが、右打者に対して、もう少しコントロールの精度を上げないと厳しいと思います。
左のリリーフは、戸田が出遅れていることもあって飯田にも十分チャンスがあります。
しっかり結果を積み重ねてほしいと思います。
黒田の引退で投手陣が弱いとの評判ですが、逆に言えば若手投手にとっては大チャンスです。
九里はしっかり結果を残していますし、ルーキー二人の評判も良いようですから、福井にも大瀬良にも大きな刺激になっていることだと思います。
打線も堂林の覚醒が編成を大きく変える可能性があります。
これら今季の編成については次回書かせていただきます。
とりあえず今日はナイスゲームでした。

copyright © 2020 カープ一筋45年の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.