FC2ブログ
カープ一筋45年の独り言
カープファンというよりもカープが生活の一部になっています。
訃報
このブログをご覧の皆様、明けましておめでとうございます。
昨年のカープの結果が、悔しいというよりも余りにも残念な結果に終わったことと、カープ球団に関する良くない話を重ねて聞いたこと、そして家庭の事情も重なり、ブログの更新が一ヶ月以上滞ってしまいました。
しかし、このニュースに接し、やはり自らの思いを述べるべきだと思い、久しぶりに書かせていただきます。
村上元スカウト部長死去…
私には宮川スカウトの名前の方が通りがいいのですが、本当にカープの尽くされた方でした。
現役時代は代打の切り札として活躍。
代打での通算安打数は今も日本記録として輝いています。
そして引退後はスカウトとして活躍。
北別府さんに始まり、緒方監督も村上さんが担当でした。
そして何といっても前田です。
前田はダイエー入りを希望していましたが、指名したのはカープでした。

ウィキペディアによると
前田は会見場でテレビ中継を見た後、1時間近く泣き続け、一旦プロ入りを拒否。何度訪問しても口を開かない前田に痺れを切らした宮川孝雄スカウトは、「ホークスは指名しなかったが、俺達は(指名の)約束を守ったぞ。男だったら約束を守れ」と叱責、とつとつと打撃理論を語った。前田は宮川の人間性に惹かれて広島入りを決意。

村上さんの人間性に惹かれたのは前田だけではありません。
カープに入団後、村上さんにスカウトされた選手たちが、村上さんを囲む会を毎年開催していたのは有名です。
逆指名ドラフト等、当時は資金難だったカープにあって、「原石」を探し出してくる村上さんの慧眼がカープの大きく貢献したのは間違いありません。
そして、その魂は田村、尾形スカウトなど若手スカウトにも間違いなく受け継がれていると思います。
本当にお疲れ様でした。
心より哀悼の意を表します・
合掌

スポンサーサイト



copyright © 2019 カープ一筋45年の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.