FC2ブログ
カープ一筋45年の独り言
カープファンというよりもカープが生活の一部になっています。
三連勝!
いやー、齊藤も頑張りましたね。
毎回毎回ピンチの連続でしたが、自分を信じて腕を振り続け、5回無失点は見事な内容でした。前回の好投も含めれば、どうやらローテーション投手として胸を張ることもできそうです(5回降板はやや物足りないけど)。
その好投の齊藤を5回で降ろす決断ができたのも、昨日の大竹が完封したからですよ。中継ぎ陣がゆっくりできましたからね。梅津もシュルツも、そして永川も完璧。ルイスの試運転だってできました。
6回以降はパーフェクトですからね。
いかに当たってないとはいえ、あの巨人打線を完全に封じているのですから、解説の達川が言うように「見下ろして」投げている感じがします。本当に広い球場はいいです。巨人打線お得意の「当たり損ねのホームラン」がないので、巨人打線は対処のしようもない感じがしました。しかも赤松、天谷(途中から廣瀬)の外野陣は鉄壁ですね。
ホームランのない巨人打線は「打・点」ですね。まったく怖くありません。
逆に打撃陣は、好調東野を打ちあぐねていましたが、5回は確実に送りバントから先制し、7回は二死走者なしから復活栗原の四球から足を絡めて得点しました。
負けるときは大差負け、勝つときは僅差の逃げ切り…こんな試合が増えそうですが、それこそがカープの野球です。(得失点差マイナス15)
いやな負けが続いたあとには、昨日今日といい野球ができています。
久々の貯金1!
明日はマエケンで三タテといきましょう!

スポンサーサイト



大竹完封!
今夜の勝利はやっぱり大竹に尽きますね。
初回から低めをつく丁寧なピッチングで凡打の山を築き、4回まではパーフェクトピッチング。毎回崩れる中盤はピンチを迎えるが、5回は二死満塁で相手打者が内海という、打順のめぐりの良さがあり、6回はランナー2塁から浅いレフト前ヒットで二塁走者を突っ込ませるという、巨人のコーチの判断ミス(レフトは廣瀬ですよ)でピンチを逃れることができました。
そしてその裏、打線が久々につながり、4安打で5点という効率のいい攻めで内海をノックアウト。試合の大勢を決しました。
5点という援護で、大竹は試合序盤のピッチングを取り戻し、とうとう最後まで押しきりました。
132球6安打の好投は、キャンプから取り組んできたチェンジアップの制球がしっかりしたことに起因しています。ストレートとチェンジアップを低めに制球することで、巨人打線のタイミングを微妙にずらし、凡打の山を築くことができたのです。課題の中盤を何とか乗り切ったことは、今後の大竹にとっても大きな自信になったと思います。何せ弟分であるマエケンも篠田もすでに完封勝利を挙げており、齊藤も先日7回無失点の好投ですから、「長男」としては結果を残さなければいけませんからね。
打線では、やはり巨人のミスからチャンスを拡大しました。
6回裏先頭の赤松が二塁打で出ると、天谷はバント。キャッチャーの鶴岡が間に合わない三塁に投げてチャンスは拡大しました。
そして1点取ってなおも石原のヒットで1死1、2塁。ここで小窪がエンドランのサインになんとか打球をライトに運び、続く梵の三塁打であっという間の4点。久しぶりですねえ。これだけ打線がつながったのは。
特に小窪のライト前ヒットは素晴らしかった。この流れを明日にもつなげてほしいですね。
勝率5割復帰で、明日は齊藤と東野でしょうか。
いい投球を続ける東野ですが、今日のように集中してプレーすれば恐れる相手ではありません。
明日も期待しましょう!


>>続きを読む
建さんメジャー昇格
朗報です!
故障でブルージェイズを解雇され、即日メッツとマイナー契約した建さんがついにメジャー昇格です。
3Aで6試合、11回3分の2を投げ、防御率0.77という好成績がモノを言ったのでしょうが、日本人最年長メジャーリーガー誕生は本当に嬉しい限りです。
どんな場面での登板になるかわかりませんが、本人が言っている通り「昇格が目標ではなく、これがスタート」なのですから、「結果」にもぜひこだわってほしいですね。

そういえばあの伊良部が独立リーグで復帰するらしいですね。
暴力事件とかでとかく人騒がせな男ですが、5年ぶりの復帰にはどういう思いがあるのでしょう?
ちょっとばかり気になりますね。

薄氷の連敗脱出
腰痛が再発した栗原の離脱で始まったこの三連戦。
「欠陥球場」といわれる由縁になったスプリンクラーの蓋に当たるヒットからマエケンが崩れ、翌日は振り逃げから長谷川が炎上し、もはや打つ手は残されていないと思われ始めていました。
しかし篠田が残っていました。
初回連続四球でピンチを迎えるなど、特に変化球の制球に苦しみましたが、それ以降はストレート主体の投球で、文字通り阪神打線を力でねじ伏せました。
中盤疲れが出たところを痛打され1点は失いましたが、7回4安打1失点は見事な内容です。これで篠田は4試合中3試合を7回1失点以内で乗り切りました。これはマエケンとほぼ同じ内容であり、カープにとってこの二人が左右の両輪になることは間違いないところです。
しかし打線は今日もつながりを欠いてました。
たまたま相手が与えてくれた(2四球とボーク)チャンスに喜田剛が何とか外野に運んで逆転しただけでは…
トップバッターの東出は絶好調ですが、肝心のクリーンアップが機能しない状態は相変わらずです。しかもようやく上昇カーブを描き始めた赤松はファインプレーと引き換えに左肩を痛めました。おそらく抹消されるでしょう。
ルイス、栗原、そして赤松と投・打・走の主役が舞台を去っている今こそ、天谷、梵らが奮起しチームを支えなければなりません。
さてその赤松に代わって守備についていた廣瀬が最後の最後にお仕事をやってのけました。
打撃については12打席ノーヒットと当たりの出ない廣瀬ですが、その守備はチーム一と評されています。その守備がここ一番で輝きました。
9回表二死一、二塁。狩野の打球はライトの廣瀬の前に…
「ランナーが新井さんだったのでしっかりホームに投げればアウトになるタイミングだった」
廣瀬の送球はまさにレーザービーム。ストライク送球で新井の生還を阻止し、何とか勝利をもぎ取ることができました。
今日の試合は、篠田の好投、石井、梵が粘って四球を勝ち取り、機動力を圧力で相手のミスを誘い、喜田剛が打ち、シュルツ、永川が奮闘し、廣瀬で締めた…まさに全員野球ですy。
主役不在の今、ファンを含めたみんなの結束こそが苦境脱出の唯一無二の方法だと思います。


齊藤完璧!
今日の試合は齊藤の好投に尽きます!
7回を1安打無四球。二塁を踏まさない完璧の投球でした。
特にスライダーにしてもチェンジアップにしても、ほとんどの投球が低めに決まり、さらにはストライク先行のピッチングが好投を生みました。
打線は相変わらずうまく繋がりませんでしたが、天谷と梵の長打で何とか得点し、好投の齊藤を援護しました。
8回マーティが思いきって横山に代えたのにはびっくりしましたが、これもこれまでの齊藤が一発に泣くことが多かったので、大事を取っての交代でしょう。今日は永川もまずまずで、三投手の継投で2安打完封、チームは勝率5割に戻りました。
これで先発6本柱のうち勝ち星がないのは大竹だけ…(頑張れ!)
ただ、心配も…
途中交代した栗原。腰の張りということですが、大丈夫なのでしょうか?今年は選手層も厚くなったとはいえ、栗原の代わりはいません。
新外国人野手(マクレーンと言われているが…)の補強にも拍車がかかりそうですが、とにかく大事に至らないことを祈ります。


何とか勝ちましたね…
山ほど言いたいことがありますが…
とにかく勝って良かった。
本当に赤松に感謝!
エラーだらけで失点したり、二死から四球絡みで失点したり(大竹!)
ランナー三塁で4回打席に立った栗原が1打点だけだったり…
それでも東出、赤松が猛打賞で計14安打は明るい兆しです。何せ、あの苦手寺原を打ち砕いたのですから。
体調不良を伝えられたシュルツも何とか踏ん張り、永川で締める勝ちパターンも機能して、これから浮上のきっかけになりそうです。
明日は長谷川と横浜の外国人投手(どっちかわからないけど)でしょうが、今日の調子で打ち勝ってほしいです。

泥沼
打てませんね…
気がつけば借金2…
先週の中日戦は一体なんだったのでしょうか?
わずか1週間でこうまで変わってしまうのでしょうか?
監督は出来る限りのことをしてると思います。昨日の積極的な代走起用や今日の打線組み換えなど。
しかし笛吹けど踊らず…
ルイスの離脱もあり、まさにチームは泥沼状態です。
これを食い止められるのは今となっては17番しかいません。
火曜日、大竹に全てを託しましょう!
かなり心細いですが…


>>続きを読む
これもカープ野球
まあ何はともあれ連敗しなくて良かった…

それにしてもよく2安打で3点取りました。
相手投手の制球にも問題があったというわけですが、一点目が佐伯のタイムリーエラー、2点目は2死球でもらったチャンスでの犠牲フライ。まともに点を取ったのは3点目の喜田剛のタイムリーくらいでした。
ですから勝因は打線というよりも、斎藤をさっさと諦めて、いつもの継投に突入させたマーティの采配にあるように思えます。
ただ、私が「今日は勝ったな」と思ったのは、斎藤降板直後の5回表一死一、三塁での仁志のスクイズ失敗でした。
あの場面、じっくり攻められていたら最低あと一点は取られていたはずで、そうなるとマストニーを打ちあぐねていた関係から、逃げ切られていた可能性は大きかったように思われます。
何故スクイズをしてきたのか?
カープのブルペンがしっかりしているため、林以降の投手から簡単に点は取れないと思ったことと、「勝利」に対する焦りがあったのだと思います。
そしてこの回横浜は追加点を奪えず、勝ちを急いだマストニーは制球を乱し、赤松の犠牲フライに繋がっていったわけです。
その点、ブルペンに自信のあったカープは落ち着いた采配に終始し、少なくとも今日はカープの形でのゲーム運びが出来たように思えます。
2安打での3得点なんて、昨年までなら考えられませんでした。
それもカープ野球になってきた今、もしかしたらカープのチーム力は我々が考えているよりもずっと上なのかもしれません。
とにかく明日。長谷川に頑張ってもらい、昨日今日沈黙した打線に期待しましょう。


>>続きを読む
ミッキー君さようなら(涙)
球界初のベースボールドッグとしてみんなに愛されたミッキー君が、去る8日老衰で亡くなっていたことがわかりました。享年は11歳。10日が誕生日で12歳になるはずでした。
カープ球団は、今日の試合で球団旗を半旗に掲げ、哀悼の意を表することにしています。
ミッキー君といえば、神宮球場でのオールスター戦に登場。ミッキー君見たさに神宮に行った覚えがあります。本当に可愛かったし、賢い子でしたよね。
本当に残念です。
心から冥福をお祈りいたします。
※うちにはミッキー君のユニフォームがあります(涙)



広島ゆめてらす
新宿へ出かけると、つい寄ってしまうのが、「広島ゆめてらす」です。
ここは広島県のアンテナショップで、広島の名物が所狭しと並べられています。
(隣があの宮崎県のショップな為、宮崎に比べるとすいている)
もちろんカープグッズも充実しています。
今日は時間ばかりでなく、お財布にもややゆとりがあったので、ついついカープグッズを購入してしまいました。

まずは「カープイヤーブック」…当然ですよね。これまで買わなかったのが大問題。
勝鯉の水(ミネラルウォーター)2本…なぜ二本かというと、写真でもお分かりのようにデザインがカープのホームユニフォームなので、昨年版と今年版ではデザインが違うのですよ。
カープV祈願珈琲(缶コーヒー)…普段は缶コーヒーを一切飲まないのですが、カープ坊やのデザインでふらふらと…ちゃんと「ALL IN”烈”」と書いてあります。
ALL IN2009芋焼酎…広島産紅あずま使用の本格芋焼酎です。パッケージは写真の通りですが、中のボトルは…「赤」なんですよ。
今年は一勝するたびこれで乾杯します。(すぐなくなっちゃうか)
野球のない月曜ですが、こんなグッズで楽しませてもらってます(笑)
ちなみに新球場のグッズショップでは、この三日間で9000万近く売り上げたらしいです。

明日から横浜3連戦ですが、前回結果を出せなかった大竹、斎藤にはぜひ頑張ってほしいものですね。4試合連続完封!?見てみたい!


copyright © 2019 カープ一筋45年の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.