FC2ブログ
カープ一筋45年の独り言
カープファンというよりもカープが生活の一部になっています。
松坂について
松坂の中日入団が決まりましたね。
テストと聞いた時点で入団は確定的だと思っていましたから、特に驚いたことはないのですが、やはり森監督は大した人物ですね。
本来、ソフトバンクを退団した、松坂の現役最後を見届けるべき球団は西武であるべきです。
鳴り物入りで西武に入団し、数々のタイトルにも輝きました。
そしてポスティングでのメジャー移籍時には、当時のレートで約60億円のお金を球団にもたらしました。
いわば多大の貢献をした功労者に他なりません。
その功労者に対し、西武球団は全く興味を示しませんでした。
もちろん他の球団には一切しがらみはありませんから声をかけることはありません。
そんな中で手を挙げたのは中日でした。
松坂が在籍時に投手コーチだった森監督が、入団を進言したのは想像に難くありません。
こわもての森監督ですが、いろいろ話を聞いてみると、本当に昭和の香りがす人情溢れる人物だということがわかります。
友利氏の存在も大きいでしょうが、大選手の最後をどう飾らせるのか・・・
プロスポーツとして戦力になるかどうかは難しいかもしれません。
しかし「プロ」が勝つことのみではなく、ファンの支持が必要な存在である以上、「功労者」の扱いは重要だと思います。
カープは黒田の最後を優勝で飾ることができました。
中日は果たして、松坂をどのように使っていくのでしょうか?
勝敗は別として、注目していきたいですね。
スポンサーサイト



プロ野球総選挙
テレビで「プロ野球総選挙」という番組をやっておりましたが、大谷が投手部門1位、野手部門4位になったことで物議をかもしているようです。この結果について私も首をかしげざるを得ません。
大谷の投打に及ぶポテンシャルについては皆が認めるところですが、この長いプロ野球の歴史において「現時点で」ベスト5に入ってくるという結果については、野球界を大きく盛り上げてきた先人の皆さんに申し訳ないというか、投票した多くの「プロ野球ファン」がプロ野球の歩みについて関心が低いのかな、という感想を持ちました。
投手部門については、400勝投手の金田さんが4位に入っているのはまだしも、岩瀬が抜くまで最多登板記録を持っていた米田さんや最後の300勝投手である鈴木啓示さんがランキングに入っていないなど噴飯ものです。
野手部門では、イチローとONが大谷の上位に来ていることはまだしも、カープファンにとって山本浩二さんがランキングに入っていないなど、理解不能の内容です。(菊池がランクインしているのもある意味笑えますが)
もともと過去全てのプロ野球選手を対象とした投票という企画自体に無理があったのだと思いますね。
1949年以前、1950年代・・・等年代を区切っての投票にした方が間違いなかったと思います。
企画自体は興味をそそる部分もあるので、次回以降は年代別での投票にしてほしいと思いますね。
訃報
新しい年を迎え、今年の抱負や何かを書こうと思っていたところに飛び込んできたのは訃報でした。
星野仙一
彼の評価については功罪半ばするところがあると思います。
私自身、北京オリンピックの時にはかなり批判した記憶があります。
しかし「野球人」星野仙一は、決して小さな存在ではありませんでした。

『「島」じゃなくて「星」の間違いだろう!』
運命のドラフト会議から始まったプロ野球人生。
あの時すんなり巨人に入団していたら、これだけの存在になっていたのでしょうか?
あの時中日に入ったからこそ「投げる闘魂」として、数字以上の存在感を示すことができたのだと思います。
決して凄い球を投げる投手ではありませんでした。
しかし、投げるボールに炎が見えるほど、気持ちが入った球で相手をねじ伏せていった記憶があります。
それは、島岡明治の伝統を色濃く受け継ぐものだったと思います。
監督になってもそれは変わらず、中日における第一次政権の時は、溢れる「闘魂」そのものの采配でした。
しかし、年経るごとに采配は変わり、北京での惨敗を経て、楽天での采配は見事なものだったように思います。
田中将大の大活躍もあり、初めての日本一を獲得し、監督を勇退したわけですが、彼に求められるものはもはや一球団の監督とか、そんな小さなものではありませんでした。
広い人脈もあり、発言に力がある彼こそがコミッショナーになって、プロ野球界を大きく変革してほしかった、私は心からそう思っていました。
球界にとって大きな損失ですよね。
本当に残念です。

新年早々ではありますが、心からご冥福をお祈りいたします。
敗北の原因
かつてカープにはルイスという投手がいました。
現在はメジャーでエース格の活躍を続けています。
そのルイスは、FAで抜けた黒田の穴をしっかりと埋めて、カープの勝利に何度も貢献しましたが、問題はルイスが途中降板した時です。
抜群の球威で圧倒していたルイスの後を受ける救援投手は、元気だった頃の永川でも横山でも、どうしても球の力が見劣りしました。
結果として試合をひっくり返される例も結構あったのです。
昨日の試合も典型的な例でした。
大谷の出来が良すぎたために、救援投手の球が打ちやすく見えてしまうわけです。
さらに言えば則本ですが、1イニング目は完璧でも回跨ぎをすると投球内容が悪くなっていることを分かっていたのでしょうか?
昨日の試合は大谷に任せるべきでした。
7回85球。
疲れも見えず、球数的にもまだまだ行けるのに、「8回は則本で行くと決めていた」という柔軟性にかける判断こそが敗因だったと思います。
野手出身の監督は得てして陥りやすい「継投の決めつけ」というか、試合の流れを読めないというか、自分の考えに縛られすぎて、柔軟な対応ができないところ・・・それが昨日の結果につながったのだと思います。
まあ、予選リーグの中で救援投手のやりくりを確立できなかったのにも問題がありますけどね。
いずれにしろ、今年のプロ野球は全て終わりました。
選手の皆さん、本当にお疲れ様でした。

投手のローテーションについて
今日はカープの話題と離れて、一般的なお話を書いてみたいと思います。
というのは、巨人の菅野投手が肘を傷めて今季絶望というニュースに接したからです。
今年の菅野投手は、原監督の方針もあって基本的に中5日で投げ続けてきました。そして夏場には一度故障で戦列を離れ、さらには今回の故障です。中5日登板と故障の因果関係については何とも言えませんが…
先発投手のローテーションというのはどうあるべきなのでしょうか?
メジャーでは中4日が普通で100球で降板ということですが、今年田中投手が故障した際に、ダルビッシュが中4日は短すぎると警鐘を鳴らしました。
確かに近年肘の故障に見舞われる投手がメジャーでは増えていて、今オフはローテーションについての話題は増えるかもしれません。
わが国では、基本は中6日ですが、6人の先発投手を揃えることは非常に困難で、中心になる投手は菅野投手のように中5日で回ることも珍しくありません。
かつての稲尾投手や杉浦投手のように毎日のように登板し、驚異的な記録をマークした選手もいましたが、その選手生命は短命でした。
金田投手や米田投手の様な例外を除けば、各チームのエースといわれる投手の選手寿命は比較的短かったように感じます。
それが「ローテーション」という概念が確立されて、現在の状態になってくると山本昌の様な長命な投手も出現するようになり、40歳でもバリバリ投げている投手も増えてきました。
メジャーでの中4日で100球が正解なのか、それとも日本流の中6日で完投を目指すスタイルが正解なのか…
皆さんの意見を聞かせてください。

copyright © 2019 カープ一筋45年の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.