FC2ブログ
カープ一筋45年の独り言
カープファンというよりもカープが生活の一部になっています。
床田
今日の勝因は、今季一番の投球を見せた床田の好投でしょう。
とにかくストレートの力が戻り、横浜打線を力で抑えきったのが大きいですね。
ただ、この時期になってまだ2勝。時間がかかり過ぎたことは否めません。
これから少なくなっていく登板を、しっかり投げ切って来季につなげてほしいと思います。
打線も効果的な援護でした。
今日は誠也も猛打賞。チャンスメイクして、松山、ピレラのタイムリーを生みました。
そして何といっても一番広輔。
現在絶好調ですね。
やはり一番は座りがいのでしょうね。
明日は森下です。
何としても濱口を打って、森下に白星をつけてほしいと思います。
スポンサーサイト



大盛穂の6打席
昨日の台惨敗から一夜明け、観客も増えた今夜は打って変わっての投手戦となりました。
我らが森下は坂口に旨く打たれた一発以外は、見事な投球でヤクルト打線を圧倒しました。
しかし打線は初回1点取った後のチャンスで後一本が出なかったのをはじめ、中盤以降毎回チャンスを作りながら点を取れない、拙攻が続きました。
何とか堂林の一発で追いつき延長になりましたが、引き分けや万が一のサヨナラなんてことになったら引きずりそうな試合展開です。
10回表石山を打って作った最後のチャンス。
大盛に6回目の打席が回ってきました。
ここまでヤクルト投手陣の落ちる球の前に三振を繰り返してきた大盛。
チャンスでの凡退もありました。
この場面でも石山は初球からフォークを投げ込み、あっという間に2ストライクと追い込まれました。
しかし4球目のフォークは珍しく高めに浮いて、大盛はその球に食らい付きました。
良い当たりではありませんでしたが、打球はピッチャーの頭を越えて山田の前に転がりました。
全力疾走の大盛は一塁に頭から飛び込み内野安打。決勝点を叩き出しました。
ひたむきにがむしゃらに野球に取り組む大盛にとって、凡退した5打席は勉強でした。
そしてその試合の中で結果を出せたことは、必ず明日以降にもつながることでしょう。
さあ、明日は中村祐太ですね。
相手はライアンですから、厳しいかもしれませんが何とか早め多めの援護でお願いいします。
頑張れ、カープナイン!
手応えある連勝
今日の勝因は、やはり今夜も豹変した祐輔を早めに諦めて菊池に代えたところでしょう。
そして7回をケムナがしっかり三人で抑えたことでしょうか。
菊地とケムナの投球から、打線にリズムが戻り、一気に加点しての勝利となりました。
特に大きかったのは塹江とフランスワを温存できたことですね。
何といっても9連戦は始まったばかりですから、島内、矢崎で勝てたのは大きいと思います。
打線は好調です。
昨日同様、初回は大盛が起点となって先取点。
その後は一発攻勢で中押し。
6回は打線が繋がり、代打長野のタイムリーを呼び込み、その後は一発あり、タイムリーあり、犠牲フライあり、と計9得点。中日を圧倒しました。
ただ、連勝したからこそ明日が大事になってきます。
しかも明日は森下ですから絶対に落とせません。
難敵福谷相手ですが、昨日今日同様、先制攻撃で流れを掴み、勝ち星を伸ばしてほしいと思います。
頑張れ、カープナイン!
連敗ストップ
カープが勝っている試合の終盤は、下手な絶叫マシンよりもスリルがあります。
今日も4点あった点差があっという間に1点差・・・
苦しい展開の中で、塹江が8回を何とか抑えたことがその裏の堂林のタイムリーにつながり、試合を決めることができました。
それにしても6試合連続完投中の難敵大野に対し、見事な先制攻撃でしたが、その立役者は大盛でしょう。
ボテボテのショートゴロが内野安打ですから、大野のリズムを乱すには十分でした。
危うくけん制に引っかかりそうになりながらも、「足」の脅威を大野に与え続け、4連打4得点につなげたと言っていいでしょう。
龍馬が戻るまで、というのではなく、今後しばらく1番は大盛で行ってみたらどうでしょう。
あの足は相手には脅威ですし、大盛の打撃自体も粘り強いので、使い続け、経験させればさらに成長してくれるかもしれません。
龍馬が戻れば3番に据えればいいので、ぜひ検討してほしいと思います。
九里は安定しています。
これで3試合連続で内容の良い投球を続けています。
今日は早めの降板になりましたが、これは9連戦の中で中5日が想定されるからでしょう。
粘りの投球で6回1失点はナイスピッチングです。
次回は巨人戦で菅野相手でしょうが、頑張ってほしいですね。
さあ、明日は二試合連続試合中に豹変した祐輔です。
明日はしっかり投げてほしいですね。
頑張れ、カープナイン!
ケムナと白濱
今日の勝利の立役者は、もちろん7回1失点と好投した森下ですが、あえて私は今日の立役者としてケムナと白濱を挙げたいですね。
1点差で8回となると通常なら塹江ですが、昨日の投球を見てもわかるように、ほぼ初めてといって良いシーズンフル回転でへばりが見えています。
そこで佐々岡監督が誰を選ぶか注目しましたが、マウンドに上がったのはケムナでした。
島内とケムナ
似たタイプの二人ですが、若干球威では劣るケムナを選んだのは、恐らく変化球の精度が島内よりいいからでしょう。
初めての大役でしたが、落ち着いて2アウトを取り、山田、村上とは勝負しきれませんでしたが。最終的には塩見を打ち取って結果を残すことができました。
とにかく0で乗り切ったことは大きな自信になるでしょうし、首脳陣にとっても終盤の投手起用に柔軟性を持たせることができることでしょう。
そして白濱です。
ファウルチップがマスク正面に直撃し、恐らく脳震盪で負傷退場した會澤に代わり急遽の出場となりました。
微妙な雰囲気の中、白濱は冷静にフランスワをリードしてゲームを締めくくりました。
さすがにかつてのドラフト1位は、ストレートが持ち味のフランスワを変化球中心にリードするなど、ベテランの味をしっかり発揮しました。
今日の勝利は良い勝利でしたが、會澤が非常に心配です。石原に続いての離脱だけは避けてほしいと心から願っています。
明日は天敵西ですね。
床田も久しぶりですので、何とか攻略してほしいと思います。
頑張れ、カープナイン!
copyright © 2020 カープ一筋45年の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.