fc2ブログ
カープ一筋45年の独り言
カープファンというよりもカープが生活の一部になっています。
執念の4連打
きっかけはやはり四球からでした。
連夜の延長戦。
試合展開も似たようなものでした。
序盤でリードしながらも、徐々に追いつかれ、昨夜は回跨ぎの栗林が力尽きました。
リリーフ陣も疲れ切っている中、どうしても勝ち越したい11回でした。
一死後、會澤が四球を選ぶと(代走曽根)、小園はバントの構えです。
今年のカープは盗塁しないで、ずっとバントで戦ってきました。近本1人分しか盗塁しなくても、巨人の半分しかホームランが打てなくても、チーム得点が阪神や巨人より上なのは、ランナーを進めてからの繋ぎの打撃があるからです。
だから一死でも小園はバントしました。
投手の岩貞が取りに来た瞬間、私は野球の神様が微笑んだ気がしたのです。
案の定、岩貞の一塁送球はそれて、チャンスは広がりました。
磯村が四球で繋ぎ、打席には上本が入りました。
今年のカープにはなくてはならない男は、しぶとい打撃が持ち味です。
この打席も、すぐに追い込まれながら、3球目を引っ叩き、打球は三遊間を抜けていきました。
そこからはあっという間でした。
菊池は初球を叩き、ショートのグラを弾き飛ばし、
龍馬は前進守備のセンターの頭を越し
投手交代後の初球をマクブルームがセンター前に運びました。
怒涛の、いや執念の4連打だと思います。
残り試合はもう試合しかないなか、本当に大きな勝利です。
マクブルームも言っていましたが、チームは既にクライマックスシリーズのつもりで戦っています。
まさに1戦必勝。
最後の頑張りに期待しましょう。
スポンサーサイト



チーム一丸の勝利
5回裏に、誤審をきっかけに追いつかれたことが、むしろチームを一丸にしたのかもしれません。
6回は「当事者」である先頭打者の龍馬が2塁打で出塁すると、マクブルームが内野安打で繋ぎ、松山の内野ゴロで勝ち越し。
その後も小園のヒット、磯村の死球で満塁と攻めたてると、8打席連続三振の代打堂林が初球を見事に2点タイムリー。
誰が、というのではなく、繋いで繋いでの3得点は、まさに一丸となった姿でした。
8回は二死からの5連打。本当に打線は良く繋がり、一気に試合を決めました。
ピッチャーも良く頑張りました。
同点に追いつかれた後のピンチは中崎が抑え、勝ち越した後は森浦が3人斬り。チームをリズムに乗せる投球だったと思います。
点差は空いてしまいましたが、ここに来てケムナもターリーも松本も頑張ってます。しかも今日は矢崎と栗林を温存することもできました。
シーズン最終盤、日程は変則になってきます。疲労度も高い中、明日も広島に帰っての移動ゲームです。
先発は、前回背信投球だった遠藤です。
残り試合が少なくなり、投手陣はフル回転です。
今こそ打線の更なる奮起に期待しましょう!
頑張れ、カープナイン!
伝わる必死さ
コロナ禍で主力選手がいなくなったとき、チームを支えた若手選手が、生き残りをかけて必死に戦っています。
今日結果を出したのは羽月でした。
7回
會澤のタイムリーで追いつくと、菊池がバントでランナーを三塁に送ったものの、野間は内野ゴロ。
二死三塁で打席は羽月に回ってきました。
コロナ禍後、堅実な守備としぶとい打撃で生き残ってきた羽月は、ここでも三遊間にしっかり転がし、勝ち越しタイムリー。
逆転しても再逆転されるシーソーゲームは、その後復調したマクブルームがタイムリーを放ち決着をつけました。
ヒーローインタビューでも、その必死さが伝わってきた羽月。
若手の頑張りが、実はクライマックスシリーズに繋がっていくのかもしれませんね。
明日は玉村です。
打線は好調ですので、早め多めの援護をお願いします!
頑張れ、カープナイン!
夢を繋いだ攻めの継投
残り試合は10試合。
いよいよ最終盤を迎え、佐々岡監督の采配も変わってきたようです。
まずは5回裏でした。
ここまでランナーを出しながらも無失点で抑えていた九里ですが、ワンアウトから3連打で失点すると、迷うことなく佐々岡監督は継投を決意しました。
2番手の森浦は先日同様、ピンチをしっかり抑え、阪神に行きそうだった流れを断ち切りました。
ですから、6回表の追加点は、森浦の投球がもたらしたと言っても良いでしょう。
そして8回裏。
矢崎が打たれて失点すると、佐々岡監督がすぐに動きました。
禁断の栗林投入です。
ともすれば、栗林の起用に関しては過保護になりがちでしたが、時期が時期ですからね。
もはやなりふり構っている場合ではありません。
栗林は初の回跨ぎを30球で抑えて今季30セーブ目。
打線も最多勝青柳に対してしぶとく攻めて5得点。
負けられない戦いの1戦目を勝ちきりました。
明日は森下です。
今日の勝利が生きるのも明日の勝利があってこそ。
1戦必勝で、まずは手元のワンプレーワンプレーに集中して戦ってほしいと思います。
頑張れ、カープナイン!
また神宮球場へ来よう
今季神宮球場最終戦。
1イニング12得点もあって、終わってみれば大勝という結果になりましたが、4回裏は一つ間違えれば大変なことになったかもしれません。
そういう意味では、あの森浦の投球こそが勝因だと言えるでしょう。
祐輔と島内が炎上して、満塁でオスナという場面。フルカウントからしっかり厳しいところに投げ切れたからこそ、ダブルプレーという最高の結果に繋がったのだと思います。
これでヤクルトに行っていた流れを止めることができました。
試合を決めたのは野間のタイムリー三塁打ですね。
ビッグイニングのあとに追加点を挙げることで、完全にダメを押すことができました。
それにしても1イニング12得点は怒濤の攻撃でしたが、その流れを作ったのは、投げる方ではダメだった祐輔のタイムリーでした。
そのあと堂林、坂倉、上本(祝プロ1号)にホームランが出たわけですから、やはり投手に打たれるとダメージ大きいですね。
明日は変則日程で、広島に帰っての巨人戦です。
体が大変だとは思いますが、あと11試合。負けられない戦いが続きます。
とにかく1戦必勝で頑張って欲しいですね。
頑張れ、カープナイン!
copyright © 2022 カープ一筋45年の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.